心が叫びたがってるんだ。(実写映画)

心が叫びたがってるんだ。

感動のアニメが実写映画化

原題:心が叫びたがってるんだ。
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年7月22日
上映時間:119分
製作会社:
配給:アニプレックス
製作費:
興行収入:

興行収入11億円超を記録した長編アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』を実写映画化。他人に本気で向き合うことが苦手な高校生・坂上拓実は、ある日担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。同じく委員に任命されたクラスメイトの成瀬順は、過去のトラウマが原因で人としゃべろうとすると腹痛が起こってしまうことから、クラスで浮いた存在だった。2人は戸惑いながらも、交流会の出し物であるミュージカルの準備に取り組んでいく。

★【スタッフ】
監督:熊澤尚人(関連作品:『近キョリ恋愛』)
脚本:まなべゆきこ
音楽:横山克

★【キャスト(キャラクター)】
中島健人(坂上拓実)、芳根京子(成瀬順)、石井杏奈(仁藤菜月)、寛一郎(田崎大樹)、大塚寧々(成瀬泉)、荒川良々(城嶋一基)、西山潤(三嶋樹)、福山康平(山路一春)、上川周作(相沢基紀)、川村亮介(岩木寿則)、金澤美穂(江田明日香)、萩原みのり(宇野陽子)、森田想(三上聖名子)、尾屋葵(岡田愛美)、小平大智(斎藤五郎)、桜井美南(高村佳織)、堺小春(渡辺美沙)、近藤里沙(北村よし子)、真田真帆(石川朱美)、小林万里子(賀部成美)

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=Um664ZEhXhg
(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 3.73/5.00 3.6/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
72% 83点 74.1点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年8月1日) 
多彩で豊かな出会いと甘酸っぱい恋の力、そして何より音楽の素晴らしい魔力によって成瀬が少しずつ成長し、ついに自らの心が抱える呪いを乗り越えていくストーリーには引き込まれたし、感動しました。母親が成瀬の歌を聴いて思わず嗚咽するシーン。ここで成瀬が母親の呪いさえも解いたように感じ、私の心が大きく揺さぶられ、動きました。城のシーンからラストの舞台のクライマックスに至る流れは完璧なくらい。私の心も叫びました。
映画フリー (2017年8月5日) 
アニメとはやや脚本を変えるなど実写らしい工夫をしていたが、オリジナルの良さを踏襲しつつも、エンディング曲はベートーベンの悲愴からオーバーザレインボーへと移り変わる演出などは意外でした。原作との相違点で言えば、順が小さな頃から呪いだと信じてきた玉子との会話のシーンが強調されず、逆にミュージカルは多めに時間を取っていました。アニメでも実写でも、ティーンの繊細な感情をノスタルジックに描くことは日本人の得意分野ですね。
BILIBILI (2017年8月9日) 
アニメ映画も見たことあるからか、少し違和感を感じてしまったけど、これはこれでいいと思うし、むしろ実写だからこそ伝わるものもあったと思う。世の中にはアニメを全然見ない人もいるし、そういう層に知ってもらうためにもこういう実写化は大切だろう。これを機にアニメを見てもらえるかもしれないし。エンドロールの神具合とか、語りつくせない。アニメ版も実写版もどちらもそれぞれの良さがあって、どっちも選べないほど好き!
OPENLOAD (2017年8月13日) 
アニメ映画のファンでもあり、出演者のファンでもあったので正直不安一杯でした。でも全然問題なかったです。一番の心配のキャラクターもすごく馴染んでいて。アニメのイメージを崩さずも、より愛らしく魅力的な順でした。順がクラスに溶け込んでいく過程が丁寧に描かれていて、頑張る順に感化されるクラスメイト達の心の動きも自然。この部分は実写ゆえのリアリティがありました。順の母が普通の愛情も持っているというフォローも親切。