Pick Up NEWS!

 

大津波 3.11 未来への記憶

動画『大津波 3.11 未来への記憶』を無料視聴

原題:大津波 3.11 未来への記憶
製作:日本(2014年)
日本公開日:2015年3月21日
上映時間:80分
製作会社:
配給:ソニー“Livespire”
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
東日本大震災直後から現地に持ち込まれた3Dカメラによって記録された映像群をベースに、その後のインタビュー映像なども追加し、多くを失った被災地で生きる人々の姿をありのままに映した3Dドキュメンタリー作品。2011年3月11日に起こった東日本大震災。その災害は日本全てを震撼さえ、物理的にも精神的にも人々に大きな傷を深く刻み付けた。それから3年が経過し、復興は進んでいるとは言え、いまだに25万人近い人々が定住の場を確保できないという現実。陸前高田、気仙沼、宮古市田老、南三陸町、釜石で津波という災害に遭遇してしまった人々の、それぞれの現実が描かれる。

【スタッフ】
監督:河邑厚徳
脚本:河邑厚徳
撮影:智片通博
音楽:川田俊介

【キャスト】
役所広司(ナレーション)

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

池上 彰(ジャーナリスト)
忘れたい。でも、忘れない。忘れてはいけない。そんな被災者の思いを3Dで映像化。3Dという新たな技術によって表現できた世界がある。
役所広司(俳優)
「大災害を可能な限り、リアルに記録し語り継ぐ」この映像からは、製作者と災害を受けた方々の「心」を感じます。映画作りに少しでも参加できたことに、感謝します。
河田恵昭(人と防災未来センター長)
津波でみぢかな人を亡くされた方の気持ちがひしひしと伝わってくる。大災害に遭遇した時、命を守り生き抜くことの大切さや、生き残った者として災害を後世に伝えることの意義をあらためて教えてくれる貴重な映画だ。
名無しさん(2016年1月3日) star_5
震災当時、現地で何が起きていたのか。実際に体験した方々だからこそ語ることの出来るお話の数々に、思わず胸にこみ上げる物があります。そしてそれ以上に、今も現在進行形で復興に向けて歩みを進め続けている方々がいらっしゃることに、改めて頭が下がる想いです。驚くべきことに、多くの被災地で、1年を待たずして農業や漁業が以前のように再開されているそうです。
名無しさん(2016年1月14日) star_5
想定を超えた大津波。日常の生活が破壊された中にも力強く生きる人間の強さが伝わってきた。大津波の後にも健気に咲く1輪の花。陸地奥に大きく流されてしまった大型漁船。地元の人の中には津波の記憶を留めるために残しておきたいと言う意見も多数あったと言う。結局は解体されてしまいましたがこの映画が後世まで伝わり津波に立ち向かった人々の記憶として長く残されていくことを願います。10mを超える津波ってすごいものがあるね。後には、荒地しか残らない。巨大漁船が陸地に打ち上げられていたのもインパクトある。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。