ハウ・トゥー・サバイブ・ア・プレイグ/How to Survive a Plague

エイズ患者の権利拡大運動を克明に映し出したドキュメンタリー

原題:How to Survive a Plague
製作:アメリカ(2012年)
日本未公開
上映時間:109分
製作会社:Public Square Films
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
99% Rotten Tomatoes

第85回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

1980年代からエイズ患者の権利拡大運動を起こした団体、「ACT UP」や「TAG」の活動を、当時のアーカイブ映像に映し出されたエイズ患者、政治家、科学者などの証言を基にしたドキュメンタリー。

★【スタッフ】
監督:デヴィッド・フランス、ハワード・ガートラー

★【キャスト】

【無料動画】

How to Survive a Plague – Official Trailer | HD | IFC Films

How to Survive a Plague  - Official Trailer | HD | IFC Films


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年9月14日) 
エイズを題材にした貴重なドキュメンタリーがこの映画。多心のこもったドキュメンタリーは重要であり、今日でもエイズはそれがかつての「疫病」ではない。それは、人々が限界に追われたときに何をするかを示しています。それは、同性愛者の権利についてではなく、人の権利についてです。それは確かに大きな要素でしたが、少なくとも試みることができる薬を必要とする何百万人もの人々のために戦っていました。エイズが少なくとも何か試してみることができたのは、あなたが知っているものではなく、すでに多くの人がすでに死亡していたからです。とにかく素晴らしい作品を多くの人に見てほしい。
海外さん(2017年9月26日) 
私が何年にも見た最も魅力的な映画です。私は最初から最後まで掴まれました。HIVの被害者は病気にかかっており、いわゆる「ライフスタイルの選択」については神様からの罰ではなく、より広いコミュニティからの尊敬と人道的な権利が与えられているということは、治療研究と認識のための初期の戦いに関するものです。抗議集会や支持集会、ホームムービーなどのビデオが混在しているフランスでは、エイズの犠牲者や活動家が実際に苦しんでいる家族や家族が盲目的になり、彼らの周りで死にそうになるのを描き、米国政府は支援をほとんど行っていません。フランスはまた、80年代と90年代の圧倒的な差別を示しているだけでなく、エイズ患者や同性愛者とのつながりのある人を追放したが、人間の状態を解剖しようとする試みに成功した決定されたグループの人々が変化のためにどのくらい遠ざかるかを示します。