ビルマVJ 消された革命

動画『ビルマVJ 消された革命』を無料視聴

原題:Burma VJ
製作:デンマーク(2008年)
日本公開日:2010年5月15日
上映時間:85分
製作会社:
配給:東風
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
97% Rotten Tomatoes

第82回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

【あらすじ】
軍事政権により外国人ジャーナリストの入国が厳しく制限されるミャンマーで、拷問や投獄のリスクを負いながらも情報を発信し続けるビルマ人のビデオジャーナリスト(VJ)の姿を描いたドキュメンタリー。ジュシュアと名乗る青年VJは、ビルマの軍事政権が放つプロパガンダに対する抵抗勢力として潜伏活動を続け、ビルマの革命の様子を世界中に発信する。

【スタッフ】
監督:アンダース・オステルガルド
脚本:アンダース・オステルガルド

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2010年6月15日) star_5
こういう内容を面白いといったら不謹慎になるのだけど、これまで見た中で一番面白くて感動したドキュメンタリー。2007年9月に軍事政権下ビルマで起こった大規模なデモと弾圧を隠しカメラで撮影することによってビルマの現実を世界に発信したVJのリーダーを語り手として描かれる。淡々としたナレーションと一瞬たりとも緊張感の途切れないリアルな映像! 音楽もとても良い! 1980年代に失敗したデモ以来、秘密警察などを恐れて本当に思っていることを誰にも打ち明けることができず、自由への希望なく、貧しい生活を送る国民。しかし、水面下では、状況を世界に伝えるために危険を冒して撮影し続けるVJたちがいた。ある出来事をきっかけに、僧を中心に怒濤のデモが始まり、次第に大きくなるデモと苛烈化する弾圧の様を世界に伝え、デモと国際世論に大きく影響を与えたVJの活躍が展開する。結構序盤から何度も何度も感動するシーンがあって、デモのシーンでは涙がぽろぽろ。
名無しさん(2010年6月28日) star_5
仏教に敬虔な国で治安部隊が僧侶たちに武力を行使しているのは、実際に旅行した感覚からすると考えられない。これが数年前に実際に起こったことなのかと。自らの人生をかけてまでも、自国の現状を外へ伝えようとしたジャーナリストたちを忘れないでいたい。再構成にあたってジョシュアというジャーナリストを中心に話が進んでいくのだけど、おそらくその部分は物語性を出すための創作と思われる。名前を出せないVJの誰かをモデルにしているのかもしれない。でもその演出部分を差し引いても、現場の生の映像という力強さは本物で、次第に高まるデモの熱気、そして当局の実力行使による弾圧の様は実に生々しい。劇中ではジャーナリスト・長井健司氏が銃撃され亡くなるシーンもあり日本人としても複雑な心境になります。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。