世界の果ての出会い/Encounters at the End of the World

誰も知らない南極で生きる人々の生活を追うドキュメンタリー

原題:Encounters at the End of the World
製作:アメリカ(2007年)
日本未公開:
上映時間:99分
製作会社:Discovery Films
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
94% Rotten Tomatoes

第81回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

人間文明から最も遠い最果ての地である南極大陸に生きる様々な人々にスポットをあてたドキュメンタリー。

★【スタッフ】
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク(関連作品:『戦場からの脱出』)

★【キャスト】

【無料動画】

Encounters at the End of the World Trailer

Encounters at the End of the World Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年8月23日) 
ニュージーランドから巨大な軍用輸送機で南極大陸へ飛び、これまた巨大なバスに乗り換えて、米国マクマード基地に向かう一行。危険な零下二度の海に潜るダイバー、トマトを栽培する言語学者、成層圏に巨大な風船を飛ばし、ニュートリノを検出する物理学者、ペンギンを研究する生物学者、博士号を持つ料理人、コンピュータ専門家、遺伝子学者、海洋学者、気象学者、冒険家、登山家など、エキスパートがぞろぞろ。水中でアザラシが発する音声を聞いている学者もいる。人間もいろんなやつがいるなら動物だっていろんなやつらがいる。ペンギンには、売春婦も同性愛者もいるそうだ。南極は何もなさそうに見えたが、想像以上に豊かなもので溢れていた。
海外さん(2016年8月29日) 
多くの研究者や労働者の魅力的なインタビューや逸話だけでなく、大陸の豪華な映像を完璧にバランスさせています。訪問者が野生の野生に出くわす前にリーダーの後継型の運動を行わなければならない場面など、多くのユーモラスな瞬間があります。運動の参加者は、ホワイトアウトをシミュレートするためにばかげた似顔絵で飾られたバケツを頭の上に着用しなければならない。彼らはグループとしてお互いに追いついて、離れて研究者を見つけようとしなければならない。映画の一部にはペンギンに関する部分が含まれていますが、それは好奇心で美しいドキュメンタリーを構成する多くの要素のフィルムではあまり重要な役割を果たしません。地球温暖化を描写する方法は、私の腕の上に髪の毛を終わらせました。被験者は映画の後半に戻って、いくつかの科学者がその話題についての悲観的な見通しを提唱している。彼らの合意は、私たちが既に帰還の兆しを突きつけており、人間としての私たちの存在がすでに消滅しているということです。