「闇」へ

動画『「闇」へ』を無料視聴

原題:Taxi to the Dark Side
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2007年4月30日
上映時間:106分
製作会社:
配給:シンクフィルム
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
100% Rotten Tomatoes

第80回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。

【あらすじ】
2002年にアメリカ兵がアフガニスタンのタクシー運転手を拷問死させた事件を題材にしたドキュメンタリー。

【スタッフ】
監督:アレックス・ギブニー(関連作品:『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』)
脚本:アレックス・ギブニー
撮影:マリス・アルベルチ、グレッグ・アンドラック
音楽:アイヴァー・ゲスト

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月7日) star_5
テロ対策としてアメリカが行ったアフガニスタンでの非人道的行為をドキュメンタリー映画として作られた秀逸な作品。タクシー運転手だった1人の男性は仕事のため、住んでいる村から街へ出て行き、突然行方をくらます。彼は対テロのため、米軍に捕えられ米軍が設置していた基地にあるアブグレイブ刑務所に入れられていた。彼はそこで米兵により体中にアザが残るほどの拷問を受けていた。無実なのに…。この拷問はメディアで大きく取り上げられ、大スキャンダルとなりアメリカが対テロ方針の一貫として拷問を行っていた事が明らかにされた。今作は決してアメリカを悪く描いた作品ではありません。この映画は人間の持っているとても卑しい部分を間接的に、人間はどうあるべきなのか、人間が本来やるべきことは何なのか、「闇」から抜け出すにはどうしたいいのか、そこを取り扱った映画です。
名無しさん(2010年1月18日) star_5
原題は「Taxi to the Dark Side」。まさにそのとおりのドキュメンタリーである。映画は、第二次世界大戦の質問者であった高級海軍将校の息子、アレックス・ギブニーによって書かれ、指揮され、ナレーションされている。偉大なアメリカ人と真の愛国者、フランク・ギブニーは、いくつかの嘘つきの手によってアメリカの大国になったのを最後に失望させます。この映画の中で恐怖を唱えるだけでなく、恐怖を唱える人たちは、ここ5年間で何度も何度も何度も何度も聞いたことのある話し合いのポイントを、彼ら自身の言葉で正当化しようとしています。米国の中東への関与に関する多くの悪夢の1つにある事実すべてに関するドキュメンタリー、または単に簡潔な分析を達成しなければなりません。闇に目を凝らせばやがて見えてくるものがある。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。