メディテラニアン・ブルー

ワケありが全員集合

原題:Mediterranean Blue
製作:スペイン(2012年)
日本公開日:2014年4月(DVDスルー)
上映時間:108分
製作会社:Proyecto Alpha Productions
配給:
製作費:
興行収入:

クエンティン・タランティーノの父親が出演したことでも話題の、ワケありの男女が敵味方入り乱れての銃撃戦を繰り広げるサスペンスアクション。マドリードのクラブで働くシムは、ある夜店から大量のコカインを盗み出し、流れでアル中歌手トニーと娼婦のニナを道連れに逃走する。店のボス、麻薬ディーラーのドン・ラモンはすぐに追っ手を差し向けた。3人が逃げ落ちた先は、シムの故郷マヨルカ島。そこで、シムの兄で悪徳警官のノルエゴを通じてコカインを売りさばくつもりだった。ニナは投宿先のホテルでマッチョなビジネスマン、アンドレスと親しくなり一夜をともにする。だが、アンドレスは何者かをつけ狙う不審人物だった。そしてついにドン・ラモンの手下が島に乗り込んでくる。シムとトニー、それに島の警察、アンドレスをも巻き込んでの壮絶な死闘が始まった…。

★【スタッフ】
監督:マルティン・ガリード
脚本:マルティン・G・ラミス
撮影:ジョン・ハラット
音楽:トニ・フラウ

★【キャスト】
トニー・タランティーノ、アドリアン・マス、セリネス・トリビオ、フアン・フェルナンデス、マリオ・シマロ

【無料動画】

Mario Cimarro Mediterranean Blue 2012

Mario Cimarro Mediterranean Blue 2012


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月4日) 
あの映画界ではシネフィルたちから絶大な人気を誇るクエンティン・タランティーノの父であるトニー・タランティーノが出演しているらしい。それは…凄いのか? そもそも俳優業をしていたことに驚き。なんでもクエンティン・タランティーノは実父にあったことがないらしく、別に今作だって知ったことではないはず。それでも日本ではとりあえず宣伝材料になると思ったのか、大々的にアピールされている。そのかいはあったのかは神のみぞ知る。
OPENLOAD (2016年1月7日) 
アメリカ映画ではなくスペイン映画で、独自のタッチが特徴なため、観ていればすぐにわかります。しかし、そのスパニッシュ感は肌で感じたとしてもそれ以上のものを読み取るのはなかなか至難の業で困ったものです。「メディテラニアン」というだけあって地中海を舞台にして、「ブルー」というだけあって青を基調としたデザインなのはわかります。でも、他はとなると、いたって普通の、いや普通以下の犯罪映画な気がするのですが、どういうこと?
SPACEMOV (2016年1月9日) 
タイトルの「Mediterranean」という言葉はよくあちこちで使われますが「地中海」のことです。本作もただのカラーリングみたいな題名ですが、中身はクライム系サスペンスで、どこかで観たことがあるやつです。スペイン映画好きの人は、変わり種のひとつとして押さえておくのも良いかもしれませんが、知らない人は迂闊に手を出すと怪我をします。キャッチコピーはやたらとカッコいいのですけど、クールなだけポーズを決めて終わりましたね。