COMET コメット

愛が結ばれる世界を探す男女

原題:Comet
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2014年12月5日
上映時間:91分
製作会社:Anonymous Content
配給:
製作費:
興行収入:

ハリウッドで注目を集める新鋭サム・エスメイルの監督デビュー作となる異色のロマンティック・ストーリー。一組のカップルの6年間にわたる愛の軌跡を、パラレルワールドを交差させた独創的な語り口と技巧を凝らした表現で映像化する。印象的な彗星が観測できる夜に運命的に出逢ったデルとキンバリー。それは、めまぐるしく変化するふたりの6年間の激しくも儚い恋のはじまりだった。出逢ったロサンゼルスの公園、バリのホテル、再会の列車…。別れと再会を繰り返していくうちに、ふたりの記憶の欠片が、現実とパラレルワールドとの境界線を越えていく。二つの太陽が昇る朝、キンバリーが口にしたある告白にデルは衝撃を受ける。二人が結ばれる時空はどこかの世界に存在するのだろうか…。

★【スタッフ】
監督:サム・エスメイル
脚本:サム・エスメイル
撮影:エリック・コレツ
音楽:ダニエル・ハート

★【キャスト】
ジャスティン・ロング、エミー・ロッサム、ケイラ・セルヴィ、エリック・ウィンター、ベン・スコット、ルー・ビーティー・Jr、ベン・ペース、コニー・ジャクソン、ニコール・ルーカス、デリック・ディーン

【無料動画】

映画『COMET/コメット』予告編

映画『COMET/コメット』予告編

© 2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月12日) 
映像美こそが映画という媒体が小説や音楽など他のメディアに負けない唯一の武器であるなら、この作品は見事に正解といえる。しかもそれはこのうえなく正しい手法で実現できている。映画と音楽が時間芸術であることから時間に制限されなち絵画的な恋愛をしたいというエッジの利いたセリフが印象に残っている。最後に昇る二つの太陽が暗示させるものを、あえてここでは敢えて言う必要もあるまい。恋愛の素晴らしさも映像では語り切れない。
OPENLOAD (2016年1月17日) 
二人の出会いから別れ、再開のいくつかのシーンを時間軸がバラバラで描き出す。そういうスタイルの映画は他にもあるけど、今作はそこにビジュアル的なインパクトがプラスされ、独自の特性を美しく発揮している。永遠の愛を信じない彼と真実の愛を信じる彼女とで6年の交際を断面的に出会い、交際から別れ、復縁から別れ等時系列をごちゃまぜにするだけでは普通。そこに映像というエッセンスが加わるだけでこうも新しくなるものなのか。
DAILYMOTION (2016年1月23日) 
「エターナルサンシャイン」っぽい雰囲気に惹かれて鑑賞。確かに近いものがあった。彗星の夜に出会った2人のその後の6年間を、少しずつパラレルに折り重ねて観る映画。夢と現実が交差するオーロラのような世界観で、終始漂うライトな切なさがたまらない。あれだけ愛は信じないと言っていたデルが明け行く空の中でむせび泣くラストが泣ける。「君のいない世界なんて意味ない」そう言ってさえもらえればあとはもういらないだろう。