恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

時代を超えた愛を描くインド・エンターテインメント

原題:OM SHANTI OM
製作:インド(2007年)
日本公開日:2013年3月16日
上映時間:169分
製作会社:
配給:アップリンク
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
70年代と2000年代のボリウッドを舞台に、時を越えて生まれ変わった男女の恋と友情を描く壮大なミュージカル・エンタテインメント。1970年代のボンベイ。脇役俳優のオームは、人気を誇る若手女優シャンティに恋をする。ところが彼女は人知れず結婚し、妊娠までしていた。その相手は売れっ子プロデューサーのムケーシュだった。映画界でのさらなる成功を求める彼は、次第にシャンティを疎ましく感じ始め、遂には殺意を抱くまでに及ぶ。ムケーシュの罠にはまり、炎に巻かれるシャンティ。彼女を助けようとしたオームもまた、命を落としてしまうのだった。それから30年、インド映画界の頂点にひとりの大スターが君臨していた。その名はオーム、奇しくも、あの炎の惨劇の夜に生まれた男の子の成長した姿だった…。

【スタッフ】
監督:ファラー・カーン
脚本:ムスタク・シェイク
撮影:マニカンダン
音楽:ディジャル・ダドリニー、シェカール・ラビナニ

【キャスト】
シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン、アルジュン・ラームパール、シュレーヤス・タラプデー、キラン・ケール、ジャーヴェード・シェイク

【動画】

映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』予告編

映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画フリー (2016年1月3日) star_5
娯楽要素をこれでもかと詰め込んだ、まさに「インド映画」という感じの大作です。インド映画を一度も見たことがない人は本作から入ってもOK。たぶん最初は絶対にびっくりすると思いますが、ノリに身を任せていればあっという間です。お約束の踊りのシーンはもういいよというくらい盛り込まれていますが、主演の大スターであるシャー・ルク・カーンや驚く程に美しいヒロインの存在感が眩しすぎるので、ずっとショーの気分で見ていられます。
OPENLOAD (2016年1月9日) star_5
主演女優のディーピカー・パードゥコーンが美し過ぎる。このあとのハリウッドデビューした流れも含めて、彼女と出会えた喜びは非常に大きいものである。インド映画は役者の魅力を隅から隅まで徹底的に目立たせる天才なので、俳優の宣伝力が尋常じゃない。そのためか、ストーリーはひねりをそこまでいれず、王道を突っ走るものも多い。ベタベタなフォーリンラブ満載な恋愛ものに見えて、しっかりシリアスなパートを挿入するなどバランスがある。
SPACEMOV (2016年1月26日) star_5
賑やかという印象しかないボリウッドの楽しさ全開。ストーリー的には長くて結構ムダがあるようにも感じるが、歌って踊って笑ってのインド風エンターテインメントがたっぷりこってりハイカロリーで搭載されている。どうやってこんな作品を生み出せるのだろうと思うが、エンドロールでこういった人たちが楽しんで作っているんだと納得するし、やっぱり現場も愉快なのだろう。ベタでありつつ最後まで驚きは残してあって、終始退屈しない。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする