新大久保物語

ここが俺たちの夢のスタート

韓国・ソウルから韓流の聖地・新大久保にやって来た5人の若者が夢を追い掛け、もがき苦しみながらもスターを目指して奮闘する姿を描いた、人気K-POPグループ・MYNAMEのメンバーが主演した青春サクセスストーリー。日本でK-POPアイドルを目指し、地道にオーディションを受け続けるジュンQとコヌ。ある日二人は芸能事務所のマネージャー歌子と出会う。歌子は彼らの才能を見抜き、社長の琴美に紹介する。同じ頃、琴美は来日していた天才パフォーマーのセヨン、韓流ファン相手の観光ガイドをするチェジン、無気力に生きてきたインスと出会っていた。5人が奏でる一体感を感じた琴美は、5人を新大久保発のK-POPアイドル「MYNAME」としてデビューさせるべく動き出す…。

原題:新大久保物語 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年11月16日 / 上映時間:117分 / 製作会社: / 配給:ユナイテッドエンタテインメント

★【スタッフ】
監督:藤原健一
脚本:藤原健一、高橋祐太
撮影:今井哲郎
音楽:MOKU

★【キャスト】
宮泰風、朝倉えりか、高野八誠、入矢麻衣、MYNAME、藤本泉、国生さゆり

【無料動画】

『新大久保物語』予告編

『新大久保物語』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年8月10日) 
最後まで楽しくハッピーエンドで終わるんだろうなと思いきや、最後は意外な展開で涙腺が。周りの女性が皆泣いていたので、自分も貰い泣きしてしまいました。絶対にハッピーエンドで終わらない、昭和初期の映画を思い出しました。男性がこれを観たら、必ず藤本泉に恋心を抱くでしょう。昔の人が、藤純子に惚れたように。日本人が韓国人の役を演じるのは、ちょっと無理があったかな。でも、韓国語覚えるの大変だったでしょうね。いい映画なのに、韓流ファンにしか観てもらえないのは残念だ。K-POPの男性グループの成功を描くサクセスストーリーで人間関係の描き方がよくできていてわかりやすい映画になっていて良いと思う。ただ、この映画では新大久保界隈は韓国人が多く暴力沙汰も多い怖い街という印象だけがラストで残る。
名無しさん(2016年8月10日) 
日本で最大規模のコリアンタウンが広がる東京・新大久保。芸能界入りのきっかけがつかめないままくすぶるチェジン(チェジン)は、ここで日本人相手にガイドをしている。同じくガイドをしているインス(インス)は、仕事に不満を持ちながらもとりたててやりたいこともなく、苛立ちを抱えていた。韓国でNOBODYSというダンスユニットを組むコヌ(コヌ)とジュンQ(ジュンQ)は、デビューが頓挫してしまい、活路を求めて来日。かつてNOBODYSに所属し卓越したパフォーマンスの才能を持つセヨン(セヨン)は、腰痛治療のために日本へ向かう。芸能事務所に勤める歌子(藤本泉)は友人を介して知り合ったコヌとジュンQを新大久保発のK-POPアイドルとしてデビューさせたいと事務所社長の琴子に提案するが、琴子は難色を示す。そんな中、ふとしたきっかけでインス、チェジン、コヌ、ジュンQ、セヨンが出会う…。本人が本人役するって、それはもう映画なのか?と言う気もしなくはないが、ファンは嬉しいでしょう。