アースレイジ 合衆国最期の日

動画『アースレイジ 合衆国最期の日』を無料視聴

原題:500 MPH STORM
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年2月(DVDスルー)
上映時間:87分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
超巨大嵐ハイパーケーンの猛威が地球を襲うディザスター・パニック。アメリカ政府が推進する《アポロ計画》。核融合リアクターが放射するビームにより、オゾン層から膨大なエネルギーを採取する夢のプロジェクト。しかしその実験は、予想外の気象変動を引き起こしてしまった。全米各地に襲いかかる、猛烈なトルネード、高波、ハリケーン。元プロジェクト責任者のネイサンは、恐るべき事態を予測する。それは同時多発したハリケーンが合体、超巨大嵐“ハイパーケーン”と化し、アメリカ全土は壊滅するというものだった。破滅を阻止すべく、ネイサンはリアクター・ビームによるハイパーケーン消滅作戦に挑むが…。

【スタッフ】
監督:ダニエル・T・ラスコ
脚本:K・リー、ハンク・ウーン
撮影:リチャード・ビアレット
音楽:クリス・リーデンハウアー

【キャスト】
キャスパー・ヴァン・ディーン、マイケル・ビーチ、サラ・リーヴィング、ブライアン・ヘッド

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2014年3月6日) star_5
『核融合リアクターが放射するビームによって、オゾン層から膨大なエネルギーを取り出す夢のプロジェクト』が失敗して異常気象を発現させてしまったという災害パニック物。毎回毎回あらゆる方法で世界滅亡の設定を用意してくるアイディアはご苦労様ですと言いたい。無論、ツッコミを入れながら楽しむ映画です。ほとんど車で逃げてる印象しかないのですが、どうしても主人公達がハリケーンの発生している所に突っ込んで行ってるようにしか見えない。それかハリケーンが主人公達をストーキングしているとしか。演出が悪く大惨事が起きているような感じがしない。悲壮感や緊迫感もないし。合衆国崩壊とか言う割には首都の崩壊シーンはないし、どうしても地方の町で限定的に起こっている事にしか見えません。一番の見せ場、ビームのシーンは滑稽過ぎて笑います。
海外さん(2014年3月12日) star_5
Asylum Filmsのような会社は、お金はほとんどなく、時間はほとんどありません。実際の雲によってはここやそこで問題を助けたかもしれない。ランニングタイム全体に降り注ぐ雨と同じですが、決して誰も濡らさないようです。それはまったくそんなに映画制作ではなく、これは遠くにある先史時代の生き物を巻き込んだ通常の亡命の恩恵をも受けていません。「500MHストーム」のストーリーは、「災害映画を作ろう」ガイドブックのすぐ外にあります。人々は大規模な自然災害を引き起こし、それを止めることができないいくつかのデバイスを作りました。とにかく誰がフェールセーフシャットダウンシステムを持たないマシンを作るのですか?それにもかかわらず、世界を救うのは少数の人達までです。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。