映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

動画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』を無料視聴

キネマ旬報ベスト・テンの日本映画第1位

原題:映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年5月13日
上映時間:108分
製作会社:
配給:東京テアトル、リトルモア
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 3.78 / 5.00
Filmarks 3.8 / 5.0

★【あらすじ】
最果(さいはて)タヒさんの詩集を映画化。2017年の東京。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働く美香と、日雇い労働者の慎二が生きるすべを模索しながら、互いに惹かれあっていく様を描き出す。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、心を通わせていく。

★【スタッフ】
監督:石井裕也(関連作品:『バンクーバーの朝日』)
脚本:石井裕也
撮影:鎌苅洋一
音楽:渡邊崇

★【キャスト】
石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司

【無料動画】

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』特報

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』特報

(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年6月10日) 
原作も変わっているし、ドラマ性をあえて排除した側面も目立つし、そのせいか風景とか行動範囲があまりにも自分の日常に近すぎて、映画のスクリーンとこっちが地続きになってるような、はじめての変な感覚になりました。大きな出来事である3.11震災と2020五輪の間の今、東京に生きる人間たちの感情を、シネエッセイとしてアングラ精神満載で描き切ったという点での評価が全てなのでしょう。東京以外の視点はどうなのでしょうか、気になります。
BILIBILI (2017年6月12日) 
「嫌なこと全部俺が半分にしてやる」そんな言葉が人を楽にできたらどんなに幸せか。最果タヒの詩集の映画化という超難題にここまでのものを仕上げてきたらじゅうぶん合格だろう。恋愛映画ではあるが、二人とも恋愛に消極的というのがちょっと新鮮で、また独自の味になっている。最果タヒの詩に特徴的なアフォリズムをうまく映像化し、それを勝手に変換することなく、極力そのまま届けることに成功しているのは素晴らしいと思う。
PARAVI (2017年6月15日) 
退屈な人と刺激を受け取る人で差が激しい作品なのかなと思います。「東京には何千万人も人がいるのにこうして何回も会うなんて、どうでもいい奇跡だね」という本当になんてことはない出来事。それを大きな意味があることと捉えるか、はたまたそんなの普通だこじつけだと突き放すか、それは個人の問題。でも、この映画ではあえてそれに恥ずかしいと避ける人を焦点にあてる。いわばドラマ性が嫌いな人たち。しかし、それでドラマが生じるのです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)