神さまがくれた娘

動画『神さまがくれた娘』を無料視聴

原題:God’s Own Child
製作:インド(2011年)
日本公開日:2014年2月15日
上映時間:149分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
南インドの牧歌的な自然を背景に、6歳児の知能しか持たない父親と5歳の娘の温かい親子愛を描いたインド製ヒューマンドラマ。チョコレート工場に勤務するクリシュナは、6歳児程度の知能しかないが、嘘をつかない正直者でみんなに愛されていた。そんな彼も結婚をして子どもを授かるが、妻のバーヌマティは娘を遺して亡くなってしまう。娘にニラー(お月様)と名づけたクリシュナは、周囲の助けを借りながら彼女を育てるのだった。時は流れ、ニラーは素直で可愛らしい5歳の女の子に。そんなある日、街の有力者であるバーヌマティの父は、クリシュナ親子の存在を知り、「子どものような親に子育てはできない」と、ニラーを連れ去ってしまう…。

【スタッフ】
監督:A.L.ヴィジャイ
撮影:ニーラヴ・シャー
音楽:G・V・プラカーシュ・クマール

【キャスト】
ヴィクラム、ベイビー・サーラー、アヌシュカ、アマラー・ポール、ナーセル、サンダーナム

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】

【感想・批評】

名無しさん(2014年3月13日) star_5
人生で一番泣いた映画。簡単に言うと知的障害者クリシュナの愛娘ニラーが誘拐され法廷で戦う話。一回見るたびに3回は泣いてしまう。インド映画の最近の得意分野ですね。こういった訳ありの父娘の物語って結構あります。洋画邦画は勿論のこと、漫画に至るまで思い浮かぶ作品は多いです。そんなありきたりの物語をインド映画らしい要素を含めながらコミカルにそして切なく描かれていく映画です。まず娘ニラー役の女の子が可愛らしい。可愛くて、ちょっとナマイキ。でも誰よりも父思いの優しい女の子。こんな子がいなくては父娘物語は成立しません。そしてクリシュナ役のヴィクラムさん。長年のキャリアを余すことなく発揮して文字通り体当たりで演じています。生まれつき知能が低い男性は人の親となってはいけないのか?ということを考えさせられながら見ていくヒューマニズム映画でもあります。
名無しさん(2014年3月17日) star_5
物語が動き出してからは“インドの豊かな自然と人情”に惹き込まれる作品で、父娘が暮す山中のチョコレート工場の浮世離れしたユートピア的な風景も詩情豊かに創り出されています。本質的な悪人が一人もいないことも物語を心地よく展開させている作品で、豊かな自然風景とメルヘンチックな父娘のシルエット風の映像、挟み込まれる幻想場面や歌の楽しさ、そして助演女優(顧問弁護士&小学校理事長)が超絶美人であること等、インド映画の魅力満載のラストの着地点も見事な映画です。物語のラストが驚きべき行動でした。その背中が少し寂しそうな気がしましたが2人の親子愛に触れたたくさんの人達と話し合う事できっとより良い結果になるんだと信じたい。そんな姿を親子が見せてくれててその溢れる愛情が周りの人達にも良い影響を与えたのだから…。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。