紙の月

動画『紙の月』を無料視聴

ただの主婦が銀行で横領のプロになっていく

原題:紙の月
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年11月15日
上映時間:126分
製作会社:
配給:松竹
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を映画化。バブル崩壊直後の1994年。夫と2人で暮らす主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事に従事し、その丁寧な仕事ぶりで周囲にも評価されていた。一見すると何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だが、自分への関心が薄い夫との関係にむなしさを感じていた。そんなある日、年下の大学生・光太と出会った梨花は、光太と過ごすうちに顧客の預金に手をつけてしまう。最初は1万円を借りただけのつもりだったが、次第にその行為はエスカレートしていき、大胆な手口を続けるうちに引き返せない領域に足を踏み入れる…。

【スタッフ】
監督:吉田大八(関連作品:『桐島、部活やめるってよ』)
脚本:早船歌江子
撮影:シグママコト
音楽:little moa、小野雄紀、山口龍夫

【キャスト】
宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美

【動画】

『紙の月』予告篇

『紙の月』予告篇


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【評価・受賞】
第38回日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞。
第57回ブルーリボン賞で助演男優賞と助演女優賞を受賞。
第38回報知映画賞で主演女優賞と助演女優賞を受賞。

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月14日) star_5
宮沢りえ演じる主人公の女性の気持ちを少しも分からない女性っていないのではないかな。主婦という牢獄のような労働環境はさながらブラック企業。そこで退屈な日常を過ごすうちに、過激な世界を自ら足を踏み入れる。といっても日本ではできることといったら限られる。結果、それは職場での横領と学生との不倫になっていく。無茶苦茶な生活が刺激となってさらに後戻りできない悪循環。こうなったらお終いだが、憧れるものもあるのも事実です。
BILIBILI (2016年1月16日) star_5
お金は人を狂わせる。それは梨花が少女の時からすでに始まっていたように思う。それにしてもただの犯罪映画以上に深い作品でしたね。最後のシーンは色々な解釈の仕方がありますね。梨花の募金が報われて男の子は幸せになったともとれるし、与える側と受ける側が逆になったことで、梨花は不幸せになったとも逆説的に推察もできる。結局、人の人生を幸せを決めるのは何なのか。きっとそれは金のない世界でしかわからないのかもしれない。
PARAVI (2016年1月19日) star_5
「受けるより与える方が幸いである」というのがテーマ。吉田大八監督の得意とする人間観察映画でもある。この主婦がやっていることはもちろん倫理的にも法律的にもアウト。しかし、そんな単純な話がしたいわけではもちろんない。これは人間が人間の呪縛からどうやって脱出するのかということ。銀行の二階のガラスを椅子で割るシーンはとくにその印象を強める。最後の最後、人混みに消えてゆく宮沢りえを見て、解放感を感じた人もいたはず。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする