美しい星

地球人の皆さん、この星は危機にあります!

三島由紀夫の異色SF小説を映画化。平凡な家族が突如として「宇宙人」に覚醒する姿を、舞台を現代に置き換えた大胆な脚色で描く。予報が当たらないことで有名なお天気キャスター・大杉重一郎は、妻や2人の子どもたちとそれなりの暮らしを送っていた。そんなある日、重一郎は空飛ぶ円盤に遭遇したことをきっかけに、自分は地球を救うためにやって来た火星人であることを確信。さらに息子の一雄が水星人、娘の暁子が金星人として次々と覚醒し、それぞれの方法で世界を救うべく奔走するが…。

原題:美しい星 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年5月26日 / 上映時間:127分 / 製作会社: / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:吉田大八(関連作品:『紙の月』)
脚本:吉田大八、甲斐聖太郎
撮影:近藤龍人
音楽:渡邊琢磨

★【キャスト】
リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、羽場裕一、春田純一、友利恵、若葉竜也、坂口辰平

【無料動画】

「美しい星」特報

「美しい星」特報


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2017年5月30日) 
さまざまなメタファーが組み込まれた一作。冒頭からして宇宙との交信をイメージさせるような、シャンデリアを見上げるシーン。車のライトと思わせておいての異常現象体験はまさに「未知との遭遇」。SFファンは手を叩いて喜びそうなシーンのオンパレードでした。味となる奇抜な行動もナイス。時間が経つにつれリリーフランキーの火星人ポーズを待ち望んでる自分がいてホントに楽しかった。やってくれるたびに楽しいし、これは視聴率とれますよ!
映画FUN (2017年6月12日) 
ラストシーンの解釈は何だったのか?と疑問に思う人が多いらしいですけど、割とシンプルな暗喩でしたよね。末期がんに侵された父が宇宙から地球を見ている。まさに昇天です。死とは別の世界に行くことであり、他ならぬ異界との交信なのであり、彼は新しいステージへ旅立ったのです。最終的にリリー・フランキーが一番輝いていた気もしますが、このラストのためならしかたがないかな。もちろん、他の役者の異星人&地球人も良かったです。
OPENLOAD (2017年6月13日) 
平凡に暮らしていたお天気キャスターの父、専業主婦、フリーターの長男、大学生の長女。UFOを見たことをきっかけに火星人に覚醒した父。そして水星人の長男、金星人の長女と言い始め…。不思議な設定でとっつきにくいように思えるが、音楽と映像のテンポがすごく良くて見やすいので心配いらない。三島由紀夫の異色のSF小説の映画化で、設定を現代風にアレンジし、リリーフランキーや橋本愛などのキャストが怪しい演技で世界観を盛り上げています。
BILIBILI (2017年6月15日) 
文学作品にエンタメ要素を十分に加えて映像化。流石は名匠吉田大八監督、唸らされます。様々なテーマがコミカルにシリアスに雪崩のように交錯して押し寄せる。音楽やビジュアル表現も合わさるから一筋縄では済まない。ストーリーも安直な人間賛歌でもない、シニカル過ぎない視点の絶妙な脚本と演出のバランスも心地良い。静かで美しい大団円に映像劇の美しさも詰まっておりました。観終われば、凄い映画を観たなという満腹感に襲われるのでした。