PARKS パークス

動画『PARKS パークス』を無料視聴

原題:PARKS パークス
製作:日本(2016年)
日本公開日:2017年4月22日
上映時間:118分
製作会社:
配給:boid
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
東京・吉祥寺の井の頭恩賜公園の開園100周年を記念して製作された青春音楽ドラマ。同公園と吉祥寺の街を舞台に、50年前に作られた曲に込められた恋人たちの記憶が、現代に生きる3人の若者たちの夢につながっていく様子を描く。井の頭公園の脇にあるアパートでひとり暮らしを送る女子大生・純の部屋に、見知らぬ女子高生ハルが突然訪ねてくる。ハルは亡き父親について小説を書くため、父親の元恋人である佐和子という女性を探しているのだという。ハルを手伝うことにした純は、佐和子の孫トキオから彼女が既に亡くなったことを知らされる。数日後、トキオが祖母の遺品の中からオープンリールテープを発見し、再生してみるとハルの父親たちによるラブソングが収録されていた。感動した純たちは、テープが劣化して途中までしか聞くことができないその曲の続きを自分たちで作ろうとするが…。

【スタッフ】
監督:瀬田なつき
脚本:瀬田なつき
撮影:佐々木靖之

【キャスト】
橋本愛、永野芽郁、染谷将太、石橋静河、森岡龍、佐野史郎、柾木玲弥、長尾寧音、岡部尚、米本来輝

【動画】

PARKS パークス – 映画予告編

PARKS パークス - 映画予告編

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2017年5月12日) star_5
美形の橋本愛が桜満開の井の頭公園をチャリで駆けるプロローグが、なんとも爽やかにして心地良い。けれど本作で彼女以上に存在感を示したのが永野芽郁ちゃん。彼女のキラキラ輝く笑顔はもちろん、くるくると変化するどの表情も魅力に溢れる。公園という空間を通じて、永野芽郁と森岡龍の父子が50年の時を越えて会話するシーンは筆舌に尽くしがたい。そして最終盤にあるミュージカルシーンと、さらにそのあと訪れる橋本愛と永野芽郁の、あまりに完璧な視線の切り返しが本当に堂に入ってる。若くて瑞々しい映画だけど、それを支える技術は洗練されきってる。
名無しさん(2017年5月21日) star_5
間違いなく音楽映画の良し悪しのキモは楽曲である。この「PARK MUSIC」という楽曲が映画のキーになっていて、ストーリー進行と密接に絡み合いながら、楽曲自体も様々なアレンジが加わって変貌していく。本作は、作品の音楽監修を担当したトクマルシューゴのプロデュース力に支えられている。印象的な主題歌の作曲だけでなく、吉祥寺ゆかりのアーティストを中心に、セレクトしたインディーズ系アーティストたちが20組以上、出演ないしは楽曲提供している。監督の瀬田なつきが書き下ろした脚本と、それにインスパイアされたトクマルシューゴ楽曲との奇跡のコラボレーション。お見事としか言いようがない。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする