Pick Up NEWS!

 

リトル・ミス・サンシャイン

動画『リトル・ミス・サンシャイン』を無料視聴

原題:Little Miss Sunshine
製作:アメリカ(2006年)
日本公開日:2006年12月23日
上映時間:100分
製作会社:
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Little Miss Sunshine
(2006) on IMDb
91% Rotten Tomatoes – Little Miss Sunshine

第79回アカデミー賞で助演男優賞、脚本賞を受賞。

【あらすじ】
アリゾナからカリフォルニアまでのバス旅行を通じて、崩壊寸前だった家族の再生を描くロードムービー。シェリル・フーヴァーはニューメキシコ州アルバカーキに住む2人の子供の母親である。彼女のゲイの兄でマルセル・プルースト学者であるフランクは自殺未遂事件を起こした後、彼女の家族と一緒に暮らすことになる。彼女の夫のリチャードはモチベーショナルスピーカーとライフコーチのキャリアを積み上げるように務めていた。シェリルの前夫との子供であるドウェーンはテストパイロットになるためにアメリカ空軍士官学校に入るという夢を実現させるまでに「沈黙の誓い」を立てている不幸な15歳である。リチャードの口汚い父で第二次世界大戦の退役軍人のエドウィンはヘロインの使用のために最近老人ホームを追い出されて家族と同居するようになり、7歳の孫娘のオリーヴと仲が良い。フランクが来た翌日、オリーヴはカリフォルニア州レドンドビーチで開催される美人コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の予選を通過したことを知り、有頂天となる。

【スタッフ】
監督:ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス
脚本:マイケル・アーント
撮影:ティム・サーステッド
音楽:マイケル・ダナ

【キャスト】
グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーブ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月2日) star_5
登場人物一人一人にとてもよく人間味をもたせてあるので感情移入をしやすい。家族間のやりとりもとても心が切なくなるものもあってとても優しい気持ちになるセンスのある作品。そのうえで勢いやユーモアもあるから楽しく観れる。ワゴンのエンジンをかけて家族みんなで飛び乗る。滑稽で笑える。ダメな家族たちは本当はダメじゃないし何もしていなかっただけ。この場面が1番すきだ。出発時にはバラバラに見えた家族が道中に見せる暖かさと、ツボを押さえた笑いにやられました。家族一人一人のキャラがよく立っていますが、中でも末娘のオリーブが最高。ラストのダンスは超キュートでした。
名無しさん(2010年1月6日) star_5
こんなにコンパクトにすっきり無駄なく、でも笑いも涙もある人情深い映画は初めてでした。全てが不完全だけど、それで良い。みんな問題ありだけど、一つの目標に向かって団結することの価値を良く理解できました。普段からぶつくさ皆うるさいけど、団結するときはしっかり団結する。それは愛があるから。オリーヴが軸になってよく表現されてました。キャスティングも最高ですね。息子は日本にもよくいそうな思春期男子って感じでした。でも、ちゃんと空気を読んでてママにハグしろって妹にいったり、ダンスシーンでノリノリで拍手してあげたり気遣いのできる優しい子。家族みんなでステージに上がって踊ったシーンは思わず涙が出ました。みんないい奴すぎる!

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。