ブレードランナー

映画史に残るカルト・ムービー

原題:Blade Runner
製作:アメリカ(1982年)
日本公開日:1982年7月10日
上映時間:116分
製作会社:The Ladd Company
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:
次作:『ブレードランナー 2049』

★【評価】
89% Rotten Tomatoes

第55回アカデミー賞で美術賞と視覚効果賞にノミネート。

★【あらすじ】
フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とし、熱心なファンによって支持され、カルト化したSFハードボイルド・アクション。2019年、環境破壊により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ大都市での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発されたレプリカントと呼ばれる人造人間が、過酷な奴隷労働に従事していた。しかし、レプリカントには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻すような事件が多発する。レプリカントを開発したタイレル社によって安全装置として4年の寿命が与えられたが、後を絶たず人間社会に紛れ込もうとするレプリカントを「解任」する任務を負うのが、専任捜査官ブレードランナーであった。タイレル社が開発した最新レプリカント「ネクサス6型」の一団が人間を殺害し脱走、シャトルを奪い、密かに地球に帰還した。タイレル社に押し入って身分を書き換えブレードランナーを殺害して潜伏したレプリカント男女4名(バッティ、リオン、ゾーラ、プリス)を見つけ出すため、ブレードランナーを退職していたリック・デッカードが呼び戻される。デッカードは情報を得るためレプリカントの開発者であるタイレル博士と面会し、彼の秘書レイチェルもまたレプリカントであることを見抜く。人間としての自己認識が揺さぶられ、戸惑うレイチェルにデッカードは惹かれていく。

★【スタッフ】
監督:リドリー・スコット(関連作品:『エイリアン』)
脚本:ハンプトン・ファンチャー、デビッド・ウェッブ・ピープルズ
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
音楽:バンゲリス

★【キャスト】
ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモス、ダリル・ハンナ、ブライオン・ジェームズ

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年9月18日) 
革新的SFとされる「ブレードランナー」だが、その衝撃は公開当時の時代だからこその限定的な効力だったと思う。バッサリ断言してしまうと、現代に生まれた子どもたちが今からこの映画を観ても衝撃を感じることはないだろう。そのため、まるで歴史的資料のように時代性を照らしわせて考証していくほかない。しかし、この映画はそうした批評的視点にさえも余裕で耐えうる力を持っており、凄さの一端を窺える。
夢心地さん(2017年11月29日) 
続編が長年の時を経て現代的アプローチを加えながら最大のリスペクトを持って生み出されたわけですが、原点になる本作に今一度立ち返ってみると、その秀逸さにあらためて驚かされます。原作はありますがほぼ独自性が強い本作。これをオリジナルとして創り出したリドリー・スコットの才能は本当に凄まじいです。彼は神的な立ち位置から世界を俯瞰するのが好きなのでしょう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)