夜は短し歩けよ乙女

個性豊かなキャラとアニメーションが魅力

人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語をユーモラスに描いた「夜は短し歩けよ乙女」をアニメーション映画化。所属クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋心を抱く大学生の「先輩」は、「なるべく彼女の目に留まる」ことを目的とした「ナカメ作戦」を実行する地道な日々を送っていた。個性豊かな仲間が巻き起こす珍事件に巻き込まれながら季節はめぐっていくが、黒髪の乙女との関係は外堀を埋めるばかりでなかなか進展せず…。

原題:夜は短し歩けよ乙女 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年4月7日 / 上映時間:93分 / 製作会社: / 配給:東宝映像事業部

★【スタッフ】
監督:湯浅政明(関連作品:『Genius Party ジーニアス・パーティ』)
脚本:上田誠
音楽:大島ミチル

★【キャスト】
星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、中井和哉、甲斐田裕子、吉野裕行、新妻聖子

【無料動画】

『夜は短し歩けよ乙女』 特報映像

『夜は短し歩けよ乙女』 特報映像


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

名無しさん(2017年4月12日) 
湯浅政明と森見登美彦のコンビはハズレなし。『四畳半神話大系』をパワーアップしたような映像はとにかく楽しく、オモチロイ。たった一夜の出来事であるかのように物語を巧妙に嘘でくるむ魔法のようなテクニック。見事にハマってしまいました。黒髪の乙女のようにグイグイ前に進む人も、先輩のようにグダグダと外堀の構築に勤しむばかりの人も、ふと立ち止まらせて、席につかせる。そこに広がるのは無我夢中になれるアニメーション。そして、それが終わったあと、ふと横を観ると互いにすぐとなりにいることに気づくのです。
シアターさん(2017年4月18日) 
私の中ではベスト級の1本。アニメーションの勢いの良さが前面に出ていて、一瞬にして魅了されてしまいます。まるで終始酔っぱらっているかのようなぐてんぐてんな表現。それからの風邪をひいたかなと思わせるようなハイテンション。終盤は熱を出したかのような頭をガンガン叩くうるささ。ラストはハッピーエンド。物語とシンクロしたアニメ表現がとにかく素晴らしく、最高です。これはおすすめしやすい作品ですから、初見さん大歓迎。もし見るかどうか迷っているなら、躊躇せずに鑑賞すべきです。心に残る一本になりますよ。