雨鱒の川

雄大な土地で育まれる愛の物語

原題:雨鱒の川
製作:日本(2003年)
日本公開日:2004年11月13日
上映時間:113分
製作会社:
配給:ミコット・エンド・バサラ
製作費:
興行収入:

川上健一の小説「雨鱒の川」を原作にした、淡い恋愛模様を描いたドラマ。どこまでも広がる大地、大きな空という豊かな自然に囲まれ育った8歳の心平は、夫を亡くし、身体が弱いながらも一人でたくましく生きる母・沙月と二人で楽しく暮らしていた。絵を描くことが大好きで、授業中も絵に夢中になっている心平は、授業が終わるとすぐに教室を飛び出し、大好きな川へ向う。優しい母に魚をたくさん食べてもらうために、魚捕りに行っているのだ。幼なじみの小百合は、耳が聞こえないが、不思議と心平とだけは心が通じ合い、いつも二人で遊んでいた。

★【スタッフ】
監督:磯村一路(関連作品:『解夏』)
プロデューサー:溝上潔、渡邉直子
脚本:磯村一路、小林弘利、ぜんとうひろよ
撮影:喜久村徳章

★【キャスト(キャラクター)】
玉木宏(加藤心平)、綾瀬はるか(高倉小百合)、須賀健太(加藤心平:8才)、志田未来(高倉小百合:8才)、中谷美紀(加藤沙月)、阿部寛(高倉志郎)、松岡俊介(川嶋英蔵)、伊藤歩(井上美香)、星由里子(高倉松子)、柄本明(田崎秀二郎)

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月14日) 
なによりもキャスティングの先見の明は凄い。10年経ってもキャストの殆どが第一線で活躍しているし、今観ると豪華な顔ぶれで、今、このメンバーを揃えるのは大変そう。そのぶん、ドラマの方はかなり自然風景と非説明的な空気感を押し通すつくりで、特殊性が際立っている。この俳優であればそれができると考えたのかもしれないが、確かにキャストの持つ能力を最大限に活かしてこの難題に自分なりの結果を出そうと努力しているのはよく感じる。
BILIBILI (2016年2月11日) 
なかなかいい味わいのある作品だった。若い頃の綾瀬はるかと玉木宏が確認できるというのもいい。このへんはマニアな見方かもしれないけど。でも役者の若い時の姿はなぜか印象に残るし、当然今の方が上手くなっているのに良さも感じてしまうのはなぜなのだろうか。この映画の着眼点は「想起」だと思う。夏の頃の二人の思い出、二人から見た世界は雨鱒を介して現在につながる。観客も役者の姿で過去を想起させるからこそ気に入るのかもしれない。
VIDEOEYNY (2016年4月12日) 
北海道の風景に癒されるための作品です。北海道とアメマスは結構歴史があって、実は伝承もたくさんあります。それだけ先住民の時代から身近にあった存在であり、そこには神話性さえも携えているのです。だからそれをかすめるようにテーマに組み込んでいるこの映画は少々のスピリチュアルな要素を持っていてもおかしくありません。そういうヒストリーを知っていくとこの作品により感情を傾けることができるのではないでしょうか。