怪物はささやく

少年の前に現れる怪物の意味とは?

原題:A Monster Calls
製作:スペイン・アメリカ・イギリス・カナダ(2016年)
日本公開日:2017年6月9日
上映時間:108分
製作会社:Apaches Entertainment
配給:ギャガ
製作費:4300万ドル
興行収入:3970万ドル

★【あらすじ】
シヴォーン・ダウド原案、パトリック・ネス作の児童文学「怪物はささやく」を映画化したダークファンタジー。癌を患う母親が元気だった頃の楽しい思い出に耽る日々を過ごす13歳の少年コナー。ある日を境に、真夜中を過ぎると木の姿をした怪物が彼のもとに現れるようになる。

★【スタッフ】
監督:フアン・アントニオ・バヨナ
脚本:パトリック・ネス

★【キャスト】
ルイス・マクドゥーガル、フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーバー、リーアム・ニーソン

【無料動画】

『怪物はささやく』本予告

『怪物はささやく』本予告

(C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SLU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.5/10 86% 76
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.5/5.0 3.60/5.00 3.8/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
77% 74点 73.2点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2017年7月7日) 
重い病を患う母親が自分と過ごす時間に限りがあると感じている少年の前に、巨木の姿をした怪物が夜な夜な現れて試練を与える。一体なぜそんなことが起こるのか。その現象にはどんな意味があるのか。その理由が丁寧なドラマとともに明らかになっていく。いわゆる単純明快なファンタジー・アドベンチャーとは全く違う、大人にこそ響く童話である。これはぜひ大人がひとりでじっくり味わいながら鑑賞すると最高なので、試してほしい。
●SPACEMOV (2017年7月12日) 
子供から大人へ成長する多感な時期に迎えてしまう、母の死を受け入れる為の物語。アニメーションも綺麗で、少年の涙も綺麗で何度かこちらも泣いてしまいました。俳優陣の演技、特に主人公の男の子の演技に心が締め付けられました。原作のよさを最大限に活かしながら、映画では解釈を補う形で工夫がされています。
アニメーションも使っているので、映画の方が分かりやすい。
原作にはないラストは、映画の方が泣けてしまいました。
●DAILYMOTION (2017年7月13日) 
原作ファンも大満足のクオリティだと思います。原作を知らない人は宣伝の「ダークファンタジー」という言葉に惑わされてエンタメだと思うかもしれませんが、全然違いますので注意かな。児童文学ではありますが、大人向けなつくりで、子ども時代の心理的な成長や葛藤を繊細に描いた傑作なのです。映画化ということで変にアレンジされないか心配だったのですが、何も問題なし。むしろ映像がプラスされて魅力が200%に増量しました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)