エアポート2010

衝撃の結末があなたの頭に直撃する

原題:FAKTOR 8 – DER TAG IST GEKOMMEN
製作:ドイツ(2009年)
日本公開日:2010年8月(DVDスルー)
上映時間:92分
製作会社:Wiedemann & Berg Television
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
ドイツ航空111便、プーケット発ミュンヘン行き。機内はバカンスから帰国する乗客たちで賑わっていた。そんな中、インド洋上空を飛行中、突如容態のすぐれない乗客が続出する。医師のアンネは彼らに応急処置を施すが、容態は変わらず全身から血を流し死亡してしまう。原因は未知のウイルスによるものだと悟ったアンネは、パイロットに緊急着陸を要請するが…。

★【スタッフ】
監督:ライナー・マツタニ
脚本:ベネディクト・レースカウ
撮影:ゲルハルト・シアロ
音楽:フィリップ・F・クールメル

★【キャスト(キャラクター)】
ムリエル・バウマイスター(アンネ・ヘッカー)、オリヴァー・モムセン(グレゴール・ヘッカー)、アンドレ・ヘンニック(ペーター・ブラント)、ジェシン・カクロウスキ(ハイケ・アーラス)、ノエミ・マツタニ(ペトラ・シャーラー)、シュテファン・ルカ(ペーター・ケラー)、フランソワ・ゴースク、マックス・ヴォン・サン、キルステン・ブロック、マックス・フェルダー、クリスチャン・ブルーメル

【無料動画】

Faktor 8 – der Tag ist gekommen (Fluchtversuch)

Faktor 8 - der Tag ist gekommen (Fluchtversuch)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
劇場映画ではなくて厳密にはテレビ映画です。原題は「Faktor 8 Der Tag ist gekommen」で「ファクター8 – そしてその時が来た」といった意味でしょうか。1. 悪夢の始まり、2. 原因不明の症状、3. 拒まれる旅客機、4. 解放されない不満、5. 助かりたいがために、6. ファクター 8、7. 死の治療薬、8. 我慢の限界、9. 政府の狙い、10. 死へのフライト…こんな感じのチャプター構成。本国では記録した視聴率がとても高かったようですね。
SPACEMOV (2016年1月20日) 
いくつかの動画サイトでは期間限定で無料配信されている本作。B級っぽいビジュアルですが、そんなチープな作りではなく、見ごたえはあります。ドイツではかなり人気になったようですが、なぜでしょうか。豪華なキャストなのかな? このへんのアツさがわからないのが残念。何よりラストです。これはネタバレなしで鑑賞した方が絶対にいいですよ。最後はハリウッド的なやっぱりなんだかんだでハッピーエンドに喧嘩を売るスタイルですから。
STREAMANGO (2016年1月30日) 
日本の配給販売が勝手に「エアポート」シリーズのように邦題をつけているなかのこの一作。こうなってくると低予算のゴミ映画に思えますが、これはそうではありません。今作についてはかなり挑戦的というか、これをテレビで流したドイツは凄いなと思います。駄作だからとかではないですよ。内容の問題です。確かに日本でもこれをやったらネットで大盛り上がりしそうではあります。ぜひ途中で見るのをやめることなく、最後まで目撃してください。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)