エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

全世界が共感の嵐!

原題:Trainwreck
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2017年3月4日
上映時間:125分
製作会社:Apatow Productions
配給:インターフィルム
製作費:3500万ドル
興行収入:1億4000万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 85%

第73回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)と最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル)にノミネート。

★【あらすじ】
母親を捨て離婚した父親に「一夫一婦は悪だ」と幼い頃から教えられたエイミー。父の影響から恋愛ができず、男性とは一夜限りと割り切って、奔放な日々を送っていた。しかし、仕事で知り合ったスポーツ外科医のアーロンとの出会いから、自らの恋愛観や人生を見つめ直す決心する。ところがこれまでの自分が邪魔をして、アーロンとの関係にも亀裂ができてしまう。自分を変えることを諦めかけていたエイミーは、ある行動に出る。

★【スタッフ】
監督:ジャド・アパトー(関連作品:『無ケーカクの命中男 ノックトアップ』)
脚本:エイミー・シューマー
撮影:ジョディ・リー・ライプス
音楽:ジョン・ブライオン

★【キャスト】
エイミー・シューマー、ビル・ヘイダー、ブリー・ラーソン、コリン・クイン、ジョン・シナ、バネッサ・ベイヤー、マイク・バービグリア、エズラ・ミラー

【無料動画】

映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』予告編

映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』予告編

(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2017年4月10日) 
さすがジャド・アパトーが監督なだけある。下ネタのオンパレードの中でちゃんとドラマを入れてくる。この映画でエイミー・シューマーを知ったのだけど、凄い人だなと。この手のしょうもないラブコメをさせたら抜群に魅力を発揮するタイプですね。色々とやらかしてしまうのに憎めないエイミーはもちろんのこと、他の人物もそれぞれ強烈に個性的で面白い。邦題がヘンテコですが、そこまで深く気にせず、気軽に鑑賞するのがベストだと思います。
SPACEMOV (2017年4月11日) 
「こじらせ」という言葉で良いのかわからないけど、上手くいかないフラストレーションがさらなる事態の悪化を招くような空回りはよくある。それをコミカルかつポップに赤裸々に描いた一作です。知っている人にとってはおなじみですがチャド・アパトー監督作品は、超がつくほど下品。でも最後まで観ると、心にジーンと来ます。題材が全てではなく、語り口や描き方でおバカ映画をおバカで終わらせない手法はいつも見事だなと感心するばかり。
DAILYMOTION (2017年4月12日) 
地味な豪華キャストをちょい出ししてきて笑わせるのをやめてください。変な印象が残っちゃうじゃないですか。ダニエル・ラドクリフのアレとか反則ですよ。妹役のブリー・ラーソンは可愛いです。最初はエイミーの行動にムカついていたくらいのはずなのに、エイミーの心の変化をじっくり見て、途中からはなぜか何度も泣けるし、彼女は本当は素直で優しい女性なんだと評価を一変するまでに。こうやってダメ人間に優しいのがジャド・アパトーです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)