笑いながら泣きやがれ

動画『笑いながら泣きやがれ』を無料視聴

イギリスで高い評価を獲得

原題:Crying With Laughter
製作:イギリス(2009年)
日本公開日:2010年9月(DVDスルー)
上映時間:94分
製作会社:BBC Scotland
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
人生の崖っぷちに立っているトラブルまみれのスタンダップ・コメディアン“ジョーイ”に降りかかる不可解な出来事を描いたミステリアス・スリラー。スタンダップ・コメディアン、ジョーイはメタボ体型、麻薬の常習、借金の山、毎夜泥酔のめちゃくちゃな生活。妻は娘を連れて出ていってしまう。それでもステージに立つと、その日あったばかりの出来事をネタにブラックジョークが冴えわたる。ジョーイはある朝、身に覚えのない傷害罪で逮捕され、最近彼の前に現れた25年前の学校仲間であるフランクに助けを求めた。泊まる部屋を提供してくれたのはいいが妙に親切なのが気になる。フランクが突然、昔の仲間の集まりに行こうと言い出し、渋るジョーイを車に乗せて学校へと向かう。だが途中、彼が家を介護ホームから痴呆老人の元教師を連れ出すのを見てジョーイの不審は募っていく…。

【スタッフ】
監督:ジャスティン・モロニコフ
脚本:ジャスティン・モロニコフ
撮影:マーティン・ラディッチ
音楽:ローン・バルフェ

【キャスト】
スティーヴン・マッコール、マルコム・シールズ、アンドリュー・ニール、ジョー・ハートリー

【動画】

『笑いながら泣きやがれ』予告編

『笑いながら泣きやがれ』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画フリー (2016年1月9日) star_5
英国アカデミー賞でスコットランド最優秀映画賞を受賞した作品だとか。邦題というものは文句を言われることも多いが、この作品のものは非常にネーミングセンスがあると思う。人の不幸さえもネタにしてしまう芸人の物語という意味でも、辛い人生でも笑って生きようという前向きさを表す意味でも、ぴったりだ。ユーモアは困難を乗り越えるための欠かせない道具だと言うが、まさしくそれを示すような力強い物語でした。興味あればぜひ。
SPACEMOV (2016年3月3日) star_5
邦題のセンスとしてベスト級に入る一作。活字に起こしたこの体が妙に格好良いし、声に出してもなかなか気持ち良い、更に作品の内容ともしっかりマッチしていて爽快感さえ感じる。実に良い邦題を考えたと思います。こういう愛あるタイトルをこれからも期待してます。中身はコメディ要素はなく、どちらかといえば地味でシリアスに足をつっこんだもの。最後のオチも印象的。コメディアンとしての哀愁のあるあの笑顔はどうなるのかな…。
STREAMANGO (2016年4月5日) star_5
こんな映画が公開されていたのかと思ったら、日本では劇場未公開だったそうで、良い映画に限って公開されないなんて理不尽だな~と残念な気分に。でも、パッケージで鑑賞できるだけ、ありがたいことなのかな。無料で視聴できる機会もあるので、ぜひチェックしてほしいです。イギリス映画らしい、どんよりしたドラマの中でじんわりとサスペンス演出が効いていて、最後は考えさせられる良い映画です。隠れた名作といった感じですね。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする