LION ライオン 25年目のただいま

批評家絶賛! 故郷を探す人生の旅路

原題:Lion
製作:オーストラリア(2016年)
日本公開日:2017年4月7日
上映時間:119分
製作会社:See-Saw Films、Aquarius Films
配給:ギャガ
製作費:1200万ドル
興行収入:1940万ドル

【あらすじ】
インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタまで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

【スタッフ】
監督:ガース・デイビス
脚本:ルーク・デイビス
撮影:グレイグ・フレイザー
音楽:ダスティン・オハローラン、ハウシュカ

【キャスト】
デヴ・パテルルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、デビッド・ウェンハム、サニー・パワール、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース

【動画】

『LION/ライオン~25年目のただいま~』ショート予告

『LION/ライオン~25年目のただいま~』ショート予告


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Vidoza


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.1/10 88% 69
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.9/5.0 4.13/5.00 4.0/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
88% 81点 78.5点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

【受賞】
第74回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ)、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀作曲賞にノミネート。

【感想・批評】

映画フリー (2017年5月10日) star_5
予告編だけで泣いてしまったのを思い出して、視聴してしまったら案の定泣きました。まず、何よりも主人公のサルーの子役の子がめちゃくちゃ可愛いです。この無邪気さ、抱きしめたくなります。サルーは、本当に素敵な人たちに引き取ってもらえて、幸せな人生を送れてよかった。よかったけど…結末は、感動もあったけど、悲しくて悲しくて。ノンフィクションなのはわかるけれども、辛いです。ラストに線路の上で涙腺が崩壊しない人はいません。
SPACEMOV (2017年5月12日) star_5
前半はロードムービーというか迷子ムービーで、ひとりぼっちで見知らぬ街で生きる子供のあどけない姿が微笑ましく痛々しく描かれています。そして、後半は大人になってからの故郷探し。この後半パートが独特で、事前の前情報で連想されるような、いかにして故郷を探し出すかというミッション系のサスペンスはありません。これはルーツを追い求める旅なんですね。日本人はあまりルーツを気にしない民族ですが、人間が生きる上での原点になるのです。
STREAMIN (2017年5月14日) star_5
監督はこの話をホントに大好きだったというか感銘を受けたんでしょうね。幼少期と現在との繋ぎがめちゃくちゃ上手いし、途中で気づいたんですが冒頭の綺麗な映像はGoogleEarth視点だったんすね。エンドロールに実際の写真が流れた時は感動以前に俳優陣がそっくりな事に驚きました。この映画のタイトルの意味が判明するラストは鳥肌です。インドの国家が孕む人身売買の問題などにも切り込むシリアスな面も秘めていて単なる感動作ではないです。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする