エイリアン コヴェナント

絶望の産声『エイリアン』の前日譚が語られる

原題:Alien: Covenant
製作:アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年9月15日
上映時間:122分
製作会社:20th Century Fox
配給:20世紀フォックス
製作費:9700万ドル
興行収入:
前作:『プロメテウス

★【あらすじ】
エイリアン2』『エイリアン3』『エイリアン4』と続く「エイリアン」シリーズの原点となる『エイリアン』(1977年)の前日譚を描くSFパニック。人類の植民地を探していた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちは、前人未到の楽園と呼べる、ある一つの惑星を発見する。しかし実際は、楽園とは程遠い、恐ろしく危険な世界だった。そしてそこに住んでいたのは、かつて宇宙船プロメテウス号での調査に同行し、ただ一人の生存者となったアンドロイドのデヴィッドだけだった。そこで驚愕の事実を知ることになる。

★【スタッフ】
監督:リドリー・スコット(関連作品:『オデッセイ』)
脚本:ジョン・ローガン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ジェド・カーゼル

★【キャスト】
マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル

【無料動画】

映画『エイリアン:コヴェナント』予告A

映画『エイリアン:コヴェナント』予告A

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Vidoza】【XMovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.5/10 72% 65
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.2/5.0 3.20/5.00 3.5/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
57% 62点 71.9点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

無料ホームシアター(2017年10月9日) star_5
この作品はプロメテウスとエイリアン1の間の物語。エイリアンもシリーズとしては4作目でストップし、その後プレデターと戦ったりして脱線していましたが、シリーズ行き詰まりの最大の原因はリプリーの存在にあった。1で生き残り、2でヒーローになり、3で救世主になり、4でクローンになるというシリーズを通してリプリーの成長がエスカレートすることにより、肝心の「エイリアンの脅威」が瓦解していくという悪循環に陥ってしまった。そこでリドリースコットは前日譚のプロメテウスを制作し、逆進することによってリプリー縛りを無くしシリーズをリフレッシュさせたのです。
SPACEMOV (2017年10月13日) star_5
おそらく異形のモンスターが出てきてひたすら人間を襲うパニック映画を期待した人はガッカリするだろう。この映画の創造主であるリドリー・スコットは明らかにそこを狙いにしていない。観た人はわかるように完全に人間そっちのけでエイリアンとアンドロイドという人ならざるものを主役した「ブレードランナー」的な世界観が構築されている。人間はただの食物であり、滅びゆく存在なのだ。だから、劇中で登場する人間たちは非常にマヌケで、死んで当然の奴らとして描写されている。慈悲はない。監督の頭の中ではどんな発展を考えているのだろうか。もはや人間には理解できない。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)