フライト・クルー

火山島から脱出せよ!

原題:Ekipazh
製作:ロシア(2016年)
日本公開日:2017年1月31日
上映時間:123分
製作会社:
配給:インターフィルム
製作費:
興行収入:

大噴火が起こった火山島から飛行機で決死の脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦する航空機が、非常通報を受けて救助へと向かう。激しい噴火で被災者たちがパニックに陥る中、滑走路に溶岩流が押し寄せ航空機を飲み込んでしまう。ジェチェンコとアレクセイは残った2機に分かれて脱出を試みるが、ジェチェンコの機が離陸時の衝撃によって飛行困難となったため、2機は荒れ狂う上空でワイヤーを繋いで飛行するという最後の賭けに出る。

★【スタッフ】
監督:ニコレイ・レベデフ
脚本:ティホン・コルネブ、ユーリー・コロトコフ、ニコレイ・クリコフ、ニコレイ・レベデフ
撮影:アイレク・ハートウィッツ
音楽:アルテム・バシリエフ

★【キャスト】
ダニーラ・コズロフスキー、ウラジミール・マシコフ、アグネ・グルダイト、カテリーナ・シュピツァ、セルゲイ・ケンポ、セルゲイ・ガザロフ、セルゲイ・シャクロフ、ベーラ・イワノバ、エレナ・ヤコブレワ

【無料動画】

フライト・クルー

フライト・クルー


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年1月14日) 
ひとつわかったことがあります。ディザスター映画はどこの国が作ってもだいたい同じになるということが。今作はロシア映画。でも、やっぱりアメリカの同じジャンルの作品と似たり寄ったりで、共通してくる運命なのでしょう。スリルとサスペンスを重視することになりますから、それもしょうがない話ですけど。それでもロシアの映像技術の高さは凄いです。完全に日本は負けています。どうしてもこの手の作品は映像の迫力が命ですからね。
OPENLOAD (2017年1月16日) 
邦題のせいで飛行機パニック映画だと勘違いしている人も多いでしょうが、これは自然災害パニック映画です。飛行機も出てくるので間違ってはいないのですが。前半は人間ドラマが長く続き、少しダレてきますが、ここは我慢。その後に、とんでもない一大スケールのインパクトが待っています。勝手にB級と思い込んで観ると意外な拾い物になるくらいのクオリティの高さはあります。ロシアだからといって、ボスのプーチンは助けに来ません。
SPACEMOV (2017年1月19日) 
王道のネタでありながら随所に突飛な設定が盛り込まれることで最後まで飽きずに視聴できる、暇つぶしには少し贅沢すぎる作品でしょうか。ラスト40分は怒涛の展開。さすがにそんな曲芸技は無理だろうみたいなツッコミもしつつ、全体的な満足度は高め。これくらいの肩ひじ張らない作品がちょうどいいです。噴火や溶岩が流れ落ちるシーンの迫力とかは凄い。ロシアって活火山がたくさんあるのでしょうか? このリアルの源はどこなのだろう。