バレー・オブ・バイオレンス

今、復讐の血の雨が降る。死ぬのはお前だ

原題:In a Valley of Violence
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年4月(DVDスルー)
上映時間:104分
製作会社:Blumhouse Productions
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
77% Rotten Tomatoes

とある西部の流れ者が旅の途中で立ち寄った、別名「暴力の谷/Valley of Violence」と呼ばれる町の酒場でトラブルを起こしたことが引き金となり、腐敗した保安官と対決する西部劇。心に傷を負った流れ者ポールが「バレー・オブ・バイオレンス」と呼ばれる町デントンにたどり着く。その町で些細な事で悪徳保安官補佐ギリーとトラブルになり町を出るが、ギリーに寝込みを襲われて愛犬を殺され、自身も殺されかける。ポールは復讐を誓いデントンに舞い戻る。そして、血の雨の降る激闘が始まるのだった。

★【スタッフ】
監督:タイ・ウェスト
脚本:タイ・ウェスト
撮影:エリック・ロビンス
音楽:ジェフ・グレイス

★【キャスト】
イーサン・ホーク、ジョン・トラボルタ、タイッサ・ファーミガ、ジェームズ・ランソン

【無料動画】

4/21 DVDリリース「バレー・オブ・バイオレンス」

4/21 DVDリリース「バレー・オブ・バイオレンス」


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年5月14日) 
イーサン・ホークは「マグニフィセント・セブン」と同じ風貌なのですけど、ちょっと役がかぶりすぎじゃないですかね。それともあえてそうしたのか? ともあれ、小ぶりながら本作もB級映画然として面白かったです。西部劇といえば大体の作品がアウトローが悪党から街を救う話か家族や恋人を殺され復讐する話ですが、こちらは派手さのないこじんまりとしたストーリー。でも、こういうのが好きな人は絶対にいるはずなので、ぜひ鑑賞してみては?
SPACEMOV (2017年5月18日) 
街を牛耳るジョン・トラヴォルタのバカ息子が、アウトローなイーサン・ホークの愛犬を殺したため、復讐劇が繰り広げられる。あれっ、どこかで聞いたことがあるような。めちゃくちゃ賢い犬のアビーとイーサンとのやりとりは観ていて顔がニヤけちゃうほとラブラブ。やっぱり犬だな、男の心をほぐすのは。イーサン・ホークはモデルが良いからウエスタンな男がめちゃめちゃ似合う、特にツバの大きいカウボーイハットが様になりすぎていてCOOL。
STREAMIN (2017年5月20日) 
最初のチープなオープニングアニメから謎の違和感。監督はタイ・ウェストというのも謎のセンス。ただし、面白かった。ワンチャンいい仕事してるし、これぞ名コンビでした。プロモーション的に仕方ない大人の事情かもしれないが、トラボルタとイーサンホークのガチンコ対決が観たかった自分としては少々ガッカリする内容。しかし、その分を補う面白さは担保されているのでOK。緊迫満載の銃撃戦も楽しいし、あとやっぱり犬も良い。ここ重要。