キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王

動画『キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王』を無料視聴

原題:The Wrath of Vajra
製作:香港(2013年)
日本公開日:2014年12月(DVDスルー)
上映時間:111分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

元少林寺修行僧、シン・ユー主演のカンフー・アクション。第二次世界大戦間近の1930年代、日本軍は中国を精神的に支配下に置くべく、カルト教団・ハーデスの力を借りていた。教団は武器を使わずに敵を屈服させるという理念の元、敵対国から幼児を誘拐し、究極の兵士に育て上げていたのだ。K-29はそんな教団の中でも最も才能に恵まれた子どもだったが、兄と戦うことを強いられ、殺してしまったことをきっかけに、教団に復讐を誓う。数年後、最強の兵士となったK-29は、教団を抜けて中国で少林寺の門徒となり、日本軍と戦う人々を助けていた。やがてK-29はその強さから「金剛王」とよばれるようになり、ハーデス教団との生死を賭けた最後の戦いに赴く…。

★【スタッフ】
監督:ロー・ウィンチョン
脚本:ヤン・ゼンジャン

★【キャスト】
シン・ユー、ユ・スンジュン、ライデン・インテグラ、倉田保昭、池内博之、ユ・スンジュン、マット・マリンズ

【無料動画】

映画「キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王」予告編

映画「キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年1月13日) 
日本人が極悪非道のストーリー。でも不快感はない。なぜならかなり突拍子もないぶっとび具合だから。第二次世界大戦中、中国を支配する為日本軍はカルト教団ハーデスをつくり、市民や捕虜を最強の戦士にするべく拉致し、残酷な修行を強いていた…幼い頃ハーデスで修行させられていたK-29は逃げのび少林寺にいたが、ある日子供たちが誘拐拉致された為、救出するべくハーデスに乗り込む…!主人公のシン・ユーはゴリラーマン。でもアクションはキレッキレでした。もっと胡散臭いやつとの対決があったらおもしろかったかも!設定やストーリーは無茶苦茶ながら、主演のシン・ユーはもともと少林寺で修行していただけあってアクションは非常にすばらしい。
名無しさん(2015年1月27日) 
ドニーイェンのイップマンよりも酷く日本人が描かれております。日本軍がハーデスという宗教思想を使って世界征服を目論んだ!って何の世界観だよホントに。ここまでくるとギャグですね。どういうセンスなのか、ハーデスって。日本軍の闇組織が子供たちを拉致して、カンフーを教え、殺し屋に育て上げるのだが、最も強い男が裏切り、闇組織と対峙する。主人公が、チビノリダーの人に似てて、華もないので、最初はどうなることかと思ってたんですが、なかなか面白かったです。これは拾い物です。世界観設定はおいておいて、CGやカメラワークが巧妙で、格闘シーンは絶品!中国武術の動きも上手く取り入れている。それだけを楽しみましょう。「キング・オブ・ヴァジュラ 金剛王」というタイトルから連想できるとおりのノリの映画ですので、こっちもぶっとんで鑑賞です。