パパ、アイ・ラブ・ユー

今日から二人きりで一緒に生きていく

原題:The End of Love
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2015年3月(DVDスルー)
上映時間:92分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

妻を失ったことで幼い息子と二人で暮らすことになった男を主人公に、家族の深い愛と絆を描いた感動のヒューマンドラマ。俳優としての芽がなかなか出ずも、夢を追い続けていたマークに突然訪れたのは、最愛の妻の死だった。そして、その日から、2歳になる息子のアイザックとの2人きりの生活が始まった。朝から晩までアイザックの面倒を見ながら、オーディションを受ける日々。それは決して楽ではなかったが、マークは幼い息子のためにできる事をすべてやった。しかし、まだ妻の死の悲しみを乗り越えられないマークは、母親の死をアイザックに伝えられずにいた…。

★【スタッフ】
監督:マーク・ウェバー
脚本:マーク・ウェバー
撮影:パトリス・ルシアン・コシェット

★【キャスト】
マーク・ウェバー、アイザック・ラヴ、シャニン・ソサモン、アマンダ・セイフライド、マイケル・セラ、ジェイソン・リッター、オーブリー・プラザ、ジョスリン・ドナヒュー、フランキー・ショウ、マイケル・アンガラノ、マイケル・バコール、アリア・ショウカット、サラ・ラモス

【無料動画】

『パパ、アイ・ラブ・ユー』予告編(日本語字幕)

『パパ、アイ・ラブ・ユー』予告編(日本語字幕)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月20日) 
この作品は非映画的な雰囲気がある。普通、映画ならどんな不幸があってもとりあえずそれを乗り越えていくというシナリオが透けて見える。だから観客も心の奥では安心して見られる。でも、この映画はとても生々しく、それこそ不安定だ。人は簡単には気持ちを切り替えられないし、いつまでたってもウジウジする。劇的なドラマだって起こりえない。それでもなんとか生きていくしかないのだと感じさせる。
夢心地さん(2016年3月13日) 
役者の演技が本当に引き込まれます。ストーリー的な絡みよりも出演陣のナチュラルな姿に夢中になれるような作品です。まるでドキュメンタリーのようにリアルな葛藤が表現されており、きっとこの世にはこんな境遇で必死に前に進もうとしているお父さんがたくさんいるのだろうなと想像できました。死を伝えるって本当にどうすればいいのだろうか、もし自分がそれをしなければならない状態になったら…。答えがでません。