リンダ リンダ リンダ

女子高生バンドのひと夏の青春

原題:リンダ リンダ リンダ
製作:日本(2005年)
日本公開日:2005年7月23日
上映時間:114分
製作会社:COVERS&Co.
配給:ビターズ・エンド
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
とある地方都市の女子高校生たちの高校生活最後の夏を描く青春群像劇。文化祭を数日後に控えたある日、軽音楽部所属の5人組のガールズバンドがギターの骨折を発端に分裂してしまった。バンドからギタリストが脱け、3日後に迫る文化祭で何を演奏するか困った響子、恵、望の3人は、オリジナル曲を断念。ブルーハーツのコピーをすることに決めて、韓国人留学生ソンをバンドに引き入れて練習を開始する。文化祭ライブ当日まであと3日。寄り道だらけの4人はライブを成功させることができるのか…。

★【スタッフ】
監督:山下敦弘(関連作品:『くりいむレモン』)
脚本:向井康介、宮下和雅子、山下敦弘
撮影:池内義浩
音楽:ジェームズ・イハ

★【キャスト】
ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織、三村恭代、湯川潮音、山崎優子、松山ケンイチ、山本浩司、山本剛史、近藤公園、ピエール瀧

【無料動画】

リンダリンダリンダ 予告編

リンダリンダリンダ 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】

『リンダ リンダ リンダ』の動画は「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「U-NEXT」で見ることができます。動画が止まったり、余計な広告が邪魔したり、リンク切れに悩んだり、そんな心配は必要ありません。安心安全な動画視聴を無料で体験するチャンスです。配信には期間があるので登録はお早めに。DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を今すぐにチェック。オフィシャルな動画サイトで高品質な作品が毎日更新されています。ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
YouTubeでブルーハーツを聴いてたらたまたま、劇中の演奏シーンがあってそのノリでそのままウォッチ。主人公のソンを演じるのは韓国のぺ・ドゥナ。たどたどしい日本語が逆に愛嬌あって可愛かった! この定番の女子高生青春モノに独特のエッセンスを加える存在として上手く機能しています。最初は距離感あるソンと3人だが徐々に打ち解けあって絆が生まれていき、ソンが松山ケンイチに告られるのを他の3人が外から見てるのとか、ザ・青春!
映画フリー (2016年5月7日) 
観てこなかったことを後悔するほど良作だった。ライブ前日に誰もいない夜の体育館に1人で立つ構図とその直後に部室戻ったソンが外真っ暗で明かりのついてる狭い部室にバンドメンバー4人が楽しげにギュウギュウに寄って練習してる画で対比させるカットは唸りました。映画タイトルからは、あの有名なブルーハーツの歌が想起されるが、まさにその通りの映画なのです。そこに女子高生らしいジュブナイルがプラスされて不思議な味わいになってます。
BILIBILI (2016年6月4日) 
雨の中びしょ濡れで制服で駆け抜ける。これぞ青春だ。ありがちな暑苦しい嘘っぽい演出はなく、誰もが通ったであろうリアルな高校時代を感じさせる。なによりキャスティングがスゴくいい。当時20代半ばだった主演のぺ・ドゥナが違和感なく高校生役をこなしてて、寧ろ初々しさすら感じさせる。当時の香椎由宇がガチで17歳ということを聞いてビックリだし、特に大きな事件は起きないし、全体的にすご~くゆっくりな作品、でもそれが良い…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)