ミュンヘン

動画『ミュンヘン』を無料視聴

スピルバーグがミュンヘンオリンピック事件を描く

原題:Munich
製作:アメリカ(2005年)
日本公開日:2006年2月4日
上映時間:164分
製作会社:Amblin Entertainment
配給:アスミック・エース
製作費:7000万ドル
興行収入:1億3000万ドル

★【評価】
78% Rotten Tomatoes

第78回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞、作曲賞にノミネート。

★【あらすじ】
ジョージ・ジョナスによるノンフィクション小説「標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録」を原作に、1972年に実際に起きたミュンヘンオリンピック事件と、その後のイスラエル諜報特務庁による黒い九月に対する報復作戦を描く。1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ、ブラック・セプテンバーがイスラエル選手団を襲撃。この事件後、イスラエル政府は特殊部隊モサドにパレスチナゲリラ11人の暗殺を命じるが、暗殺グループのリーダー、アブナーは報復行動に疑問を抱いて苦悩する。

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『宇宙戦争』)
脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソビッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、アイェレット・ゾラー、マチュー・アマルリック、モーリッツ・ブライブトロイ

【無料動画】

映画 「ミュンヘン」 (05 米/日本公開0602) 予告編 <2m40s>

映画 「ミュンヘン」 (05 米/日本公開0602) 予告編 <2m40s>


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月2日) 
スピルバーグ監督は、この手の史実を映画として本当に見事に魅せてくれる。それは事件を知らない人でも楽しめるという部分をクリアしつつ、単なる歴史ドラマ以上の精神的なメッセージを見せてくれるからこそです。何気にキャスティングも豪華で、主演のエリック・バナはじめ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュと演技派な面々が揃い、重厚なサスペンスを盛り上げるのにじゅうぶんな逸材たち。これで面白くないわけがないのです。
SPACEMOV (2016年1月3日) 
オリンピックと政治は関係ないというが、それが平和など良い方向に使われるのなら歓迎です。ただ、このスポーツの祭典には負の歴史もあって、それがこの事件。選手を殺すなんて最悪であり、言語道断ですが、こういうことも平気で行われたという事実が重くのしかかります。報復の連鎖に縛られた主人公。彼がその恐怖から抜け出す日はくるのか。もう一度、繰り返しますが、本当は皆でスポーツを応援するイベントです。忘れないように。
DAILYMOTION (2016年1月10日) 
本作の登場人物たちは、ほとんど全員矛盾を孕んだ信仰を持っている。人の信じているものが良いことを成すこともあれば、悪いことにつながることもある。その負の側面を散々見せつけられるのがこの映画だ。そして、では良い事は何なのか。それは描かなくてもわかるはずだ。スポーツというものを各国の文化も言葉も違う人たちが信じることだ。それはきっと平和につながる。オリンピックがなぜ国を強調するのか、その意味がわかったはず。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)