ヌーヒン バンコクへ行く

動画『ヌーヒン バンコクへ行く』を無料視聴

タイのギャグ漫画を実写映画化

原題:NOOHIN
製作:タイ(2006年)
日本公開日:2008年5月31日
上映時間:99分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
1990年代から10年以上に渡り親しまれているタイのギャグ漫画「ヌーヒン」を映画化した、田舎からバンコクに出稼ぎに来たおてんば少女ヌーヒンが繰り広げる抱腹絶倒のコメディ。東北タイの田舎町に住むおてんば娘のヌーヒンは、父親の病気と干ばつによる生活苦のためバンコクへ出稼ぎに。運よくハイソな家のお手伝いとなったヌーヒン。美人姉妹のミルクとソムオーのため一所懸命に働くなか、テレビでモデルコンテストの募集を見たヌーヒンは、ミルクの履歴書をこっそり送って彼女をコンテストに参加させることに成功するが…。

【スタッフ】
監督:コムグリット・ドゥリーウィモン

【キャスト】
マハーサムット・ブンヤラック、セーントーン・ゲートウートーン、ルンラーワン・トーナホンサー、コッチャコーン・スパカーンキッジャクン、マハーサムット・ブンヤラック、セーントーン・ゲートウートーン、ルンラーワン・トーナホンサー、ペンエーグ・ラッタナルアーン、コッチャコーン・スパカーンキッジャクン、ルアンカム・セーンイン

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Gyao


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) star_5
なんとタイの漫画、しかもギャグコメディの実写映画化だそうです。全くタイのそういったサブカルチャー(サブカルなのかすらよくわからない)に疎いわけですが、そういった意味ではとても新鮮に思えるかもしれません。ギャグ自体は日本人感覚からするとものすごく時代を感じるというか(別の国ではあるので変な話なのですが)、古臭く見えます。異国に想いをはせながら、気楽に見るのが良いと思います。漫画や映画で笑う文化は大切ですから。
映画フリー (2016年3月19日) star_5
物語はイサーン地方の村からバンコクに追いやられた少女ヌーヒンの活躍を描いてます。イサーンは本当にど田舎で電気が通ってないところもあるし、アリやトカゲやカエルも食べる。これは10年前の映画なので日進月歩のタイだから自分が知るより田舎のような気がする。だからサイアムあたりなど日本人でも気後れしそうなデパートなどがあるバンコクに行くというのは、日本の東北人が東京に出るのとは段違いなカルチャーショックがあるのではと思う。
STREAMIN (2016年4月13日) star_5
この映画は、タイの人気漫画シリーズに基づいています。ノーヒンは貧しい町から来て、名声と富を求めてバンコクに移動することに決めました。ノーヒンは、生きる中で腰を落とし、彼女の目覚めの災難を残す良い意思の若い女性です。彼女の心の中で、彼女はいつも善行をしていて、何らかの評価を受けていないと感じていて、なぜ彼女が彼女にふさわしいものを得られないのか不思議です。タイのユーモアはかなり面白いです。前知識はいりません。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。