東京ウィンドオーケストラ

動画『東京ウィンドオーケストラ』を無料視聴

あの有名なオーケストラです(嘘)

原題:東京ウィンドオーケストラ
製作:日本(2016年)
日本公開日:2017年1月21日
上映時間:75分
製作会社:
配給:松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
大学の修了作品として製作した「神奈川芸術大学映像学科研究室」が注目を集めた新鋭・坂下雄一郎監督の商業デビュー作で、東京の有名オーケストラと間違えられて屋久島に招待されたアマチュア吹奏楽団が、役場職員に頼まれて本物のフリをする羽目になったことから巻き起こる騒動を描くコメディドラマ。屋久島にやってきたアマチュアオーケストラのメンバーたちは、自分たちが日本でも有数のオーケストラと間違われていることに気付き、困惑する。彼らを招待した島の町役場の女性職員は、島から逃亡しようとする彼らを引き止めて、このまま嘘を通そうとするが…。

★【スタッフ】
監督:坂下雄一郎
脚本:坂下雄一郎
撮影:横田雅則
音楽:石塚徹、小沼理裕

★【キャスト(キャラクター)】
中西美帆(樋口詩織)、小市慢太郎(橘和也)、松木大輔(田辺昌平)、星野恵亮(杉崎耕史)、遠藤隆太(中田健吾)、及川莉乃(桜井京子)、水野小論(矢口浩子)、嘉瀬興一郎(小野光昭)、川瀬絵梨(原田春子)、近藤フク(高松義男)、松本行央(山崎輝彦)、青柳信孝(黒井明)、武田祐一(木村則文)、稲葉年哉

【動画】

「東京ウィンドオーケストラ」予告編

「東京ウィンドオーケストラ」予告編

(C)松竹ブロードキャスティング


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年1月24日) star_5
主演の中西美帆さんと小市慢太郎くらいしか知らなかった自分。でもそれが逆に素朴で良かったのかもと思えるくらい素の雰囲気を楽しむ映画でした。好き嫌いはあると思いますが、勘違いで始まるシュールなコメディとしてはユニーク。なんというか映画的な大袈裟なシーンも仕掛けもなく、日常でやってしまうような人違いというのは自分も経験があるので、怒るに怒れないです。最後はドタバタしましたが、全体にスッキリおさまりました。
BILIBILI (2017年1月26日) star_5
一流の役者さんでないことがこの映画の売りになっている。想像してみてほしい。プロの有名な俳優を起用すればもちろん演技は上手い。でも完成されすぎていてアマチュアオーケストラには見えないだろう。本作ではこの「あれっなんか違うな」という違和感こそが主軸にあるのだから、なるべく無名の知られていない俳優を使うのは正解なのだ。オーケストラ騒動がアクセントで女性の成長ドラマでもあるのも面白い部分と言えるでしょう。
DAILYMOTION (2017年1月27日) star_5
企画としては「恋人たち」「滝を見にいく」と同じクラウドファンディングで撮られた作品。2作とは規模も全く違うけれど、丁寧に作られた作品であるのは間違いない。音楽が題材の映画は大好きでよく観ますが、時間も短く、ベストな長さという感じで気楽に見られる本作は暇つぶしには最高でした。音楽経験の有無に関わらず、誰でも楽しめる作品です。欠点は全然映画のタイトルには見えないことですね。たぶん多くの人はスルーするよね…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)