ソウル・オブ・ロック

動画『ソウル・オブ・ロック』を無料視聴

原題:ソウル・オブ・ロック
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年2月11日
上映時間:70分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

ノセクニコのギャグコミックを映画化した青春ロック・ムービー。本作で初の主演を務める雑誌「Seventeen」専属モデルの有末麻祐子、「仮面ライダーオーズ/OOO」シリーズの君嶋麻耶、『アベックパンチ』の牧田哲也たちが、クセがあるけれどどこか憎めないバンドメンバーたちを好演している。売れないロックバンド・バーミヤンズのメンバー3人が居酒屋でだべり、スタジオで喧嘩し、ライバルを罵倒しながらロックへの愛と未来への夢を確かめ合っていく姿を描く。売れないロックバンド“バーミヤンズ”のメンバー三人は、お互いが全然違う性格なのに、ロックへの熱い想いだけは一緒だ。ボーカルのレイカは仕切り屋でいつも場の中心、行き過ぎの強引さが明るくバンドを引っ張っている。作曲とドラムスを担当するザキはマイペースの変わり者、低い知性の持主ながら妙に冷静だったりする傍観者。タクは作詞とギターを担当する情熱家、熱い思いがいつだって空回りする思い込みの激しいへなちょこ野郎だ。そんな三人が居酒屋でだべり、スタジオで喧嘩し、ライバルを罵倒しながら、ロックへの愛と未来への夢を確かめ合っていく…。

★【スタッフ】
監督:天野裕充
脚本:天野裕充
撮影:中尾正人

★【キャスト】
有末麻祐子、君嶋麻耶、牧田哲也、ダンディ坂野、草野康太、君嶋麻耶、牧田哲也

【無料動画】

映画『ソウル・オブ・ロック』予告編

映画『ソウル・オブ・ロック』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2012年3月16日) 
本作は、全編に渡ってゆるい笑いで綴られたコメデイ仕立ての作品でした。ロックバンドを題材にした映画と言えば、大半は「熱い」「硬派」「感動」のどれかは付いてくるものですが、本作はどれにも属さずと言うことで、ある意味他作品とは一線を画す作風と言えなくもなく、まあ新鮮と言えば新鮮な映画ではありましたかね。途中からはこの世界観を理解し、最終的には何だかんだでそれなりには楽しませてもらいましたが、シネコンで上映される大作系映画ばかり見ている方が本作を見たら、一体何をしたい映画なのか理解に苦しむこと間違い無しでしょうね。
名無しさん(2012年3月27日) 
まずボーカル・レイカ役の有末麻祐子は、「はい!もしもし、大塚薬局ですが」でもぶっ飛んだ役を演じていましたが、今回も相変わらずドS系のぶっ飛んだ役どころで、もはや自分のキャラを確立した感さえありますね。一方のギター・タク役の牧田哲也は、「アベックパンチ」では完全に鈴之助のインパクトに屈した印象でしたが、今回はウジウジしたウザキャラにて本領発揮!ライバルバンドで「DMC」のようなメイクをしたヴォーカルを演じた草野康太もいい味出してましたね。