人生はローリングストーン

憧れのあの人と出会ってみたら…

原題:The End of the Tour
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年1月(DVDスルー)
上映時間:105分
製作会社:Anonymous Content
配給:A24
製作費:
興行収入:

★【評価】
91% Rotten Tomatoes

ポストモダン文学の旗手と呼ばれた作家デビッド・フォスター・ウォレスとローリングストーン誌の若手記者の5日間の旅路を、実話に基づいて描いたロードムービー。ローリングストーン誌の新人記者リプスキーは、気鋭作家ウォレスの作品に感銘を受け、密着取材を申し込む。新刊のブックツアーに同行することになったリプスキーは、気さくなウォレスとすぐに意気投合。しかし旅を続けるうちにウォレスの心の闇が徐々に明らかになり、2人の間に気まずい空気が流れはじめる。

★【スタッフ】
監督:ジェームズ・ポンソルト
脚本:ドナルド・マーグリーズ
撮影:ヤコブ・イーレ
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
ジェシー・アイゼンバーグ、ジェイソン・シーゲル、アンナ・クラムスキー、ジョーン・キューザック、メイミー・ガマー、ロン・リヴィングストン、ミッキー・サムナー、ダン・ジョン・ミラー、エリザベス・リンデイ

【無料動画】

DVD『人生はローリングストーン』1月27日発売!

DVD『人生はローリングストーン』1月27日発売!


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月30日) 
本当の良い映画なんですよ。でもこの邦題を考えた人は何なのでしょうか。作品への愛とかはないのかな。原題の「The End of the Tour」がいかに練られたタイトルか、作品を実際に観ればしんみりと伝わってきます。実在した作家と雑誌記者の会話中心ののんびりしたロードムービーで、確かに内容は地味です。それでも心情のリアルさがヒシヒシ伝わってきて、最後はなんだか登場人物とシンクロしてしまっているのです。ぜひ視聴してみてください。
SPACEMOV (2016年2月3日) 
ジェシー・アイゼンバーグはこういうペラペラしゃべる役が本当に上手い。IT長者の役とかでも結局は同じようなキャラだったりするのは、彼自身がこういうのを得意としているからなのだろうか。イマドキの若者感はありながらも、どこかボンクラ感を常に漂わす、ひ弱青年をやらせたら世界一。今作もずっと2人が喋っているという男トーク・ムービーなのだけど、世代の異なる者どうしが意気投合していくのは見ていて楽しくもあったり。良い映画です。
STREAMANGO (2016年2月6日) 
てっきりドタバタコメディだと思っていました。そんな勘違いのまま鑑賞してみれば、心にグッとくるヒューマン・ドラマじゃないですか。好みは別れるかもしれませんが、個人的にベストムービー級の一本としてランクイン。伝記映画みたいなものですが、取材の際に録音テープに保存されていた台詞がそのまま役者の言葉として採用されているので、限りなく本当のトークを再現しているというのが凄い。「infinite jest」、読んでみたいけど…。