バトル・オブ・プエブラ 勇者たちの要塞

フランス軍vsメキシコ軍! 空前の決戦が始まる

原題:CINCO DE MAYO: LA BATALLA
製作:メキシコ(2013年)
日本公開日:2014年6月(DVDスルー)
上映時間:126分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

1862年5月5日にメキシコ領ベラクルス郊外のプエブラで、ナポレオン3世がメキシコ征服のために行った侵略戦争に始まったフランス軍とメキシコ軍との間で起こった戦闘「プエブラの会戦」を、壮大なスケールで映画化した戦争ドラマ。1862年、ナポレオン3世率いるフランス軍がメキシコに侵攻した。これを迎え撃つプエブラの将軍イグナシオ・サラゴサは、わずか数千人の貧しい民兵を率いてフランス軍に立ち向かう…。

★【スタッフ】
監督:ラファエル・ララ
脚本:ラファエル・ララ

★【キャスト】
クリスチャン・バスケス、リス・ガラルド、アンジェリカ・アラゴン、クノ・ベッカー

【無料動画】

CINCO DE MAYO: LA BATALLA Trailer Oficial MéxicoWEB.m4v

CINCO DE MAYO: LA BATALLA Trailer Oficial MéxicoWEB.m4v


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月17日) 
「プエブラの会戦」なんてまず日本では世界史で学ばない史実ですから、新鮮な気持ちで鑑賞できるともいえるし、逆に知識が不足しすぎてわからなくなるともいえる、やや困ったところです。新大陸に「カトリック帝国」の建設の野心を抱くナポレオン3世が、メキシコに勇ましく侵攻。迎え撃つメキシコ軍はイグナシオ・サラゴサ将軍とポルフィリオ・ディアス旅団長の指揮で徹底防衛。結果は…観てください。でも傀儡国家のメキシコ帝国が生まれるけど。
映画FUN (2016年1月18日) 
1862年5月5日にプエブラの会戦でメキシコ軍がイグナシオ・サラゴサ将軍の指揮のもと、圧倒的に強大なフランス軍を奇跡的に撃退したことを記念する「シンコ・デ・マヨ」という祝日があるくらい、メキシコでは有名な戦闘なようです。それだけの実績を上げれば、もちろん映画化もされますよね。この作品以外に映画があるのかは知りませんが、調べればたくさん出てきそうだと思うので、時間のある方はチェックしてみるのも良いかもしれません。
SPACEMOV (2016年1月19日) 
イグナシオってメキシコに空港もあるけど関係しているのかな? そんなことより戦争映画としてこの映画を観ると、中身は割と単純。あまり戦術的な要素は感じず、なぜそういう結果になったのかはイマイチ。でも、全体を通してわかるのは「ビバ・メキシコ!!」という国家に対する愛国心で、やっぱり嬉しかったのだろうなと思います。こうやって他国の歴史を知るのは面白いし、どんどん知らなかった世界が広がっていくのは楽しいですね。
DAILYMOTION (2016年3月24日) 
侵略者ナポレオンをぶっ倒せ! このキャッチコピーとなる映画のノリが良いじゃないですか。調子に乗っているフランス野郎が攻めてきたら、それは当然お灸をすえてやらないと。でも、後の祭りですけど、今思うに、よく勝てましたよ。メキシコの人には申し訳ないけど、弱そうですもの。これでメキシコが負けていたらその後の歴史にもとんでもない影響を与えたのでしょうね。私たちの今はたくさんの戦争の上に成り立っているのだなと思うしだいです。