セブン/SE7EN

動画『セブン』を無料視聴

七つの大罪を基にした連続殺人、その衝撃の結末!

原題:Seven(Se7en)
製作:アメリカ(1995年)
日本公開日:1996年1月27日
上映時間:126分
製作会社:
配給:ギャガ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Sebun
(1995) on IMDb
80% Rotten Tomatoes – Seven

【あらすじ】
独自の映像センスとシリアスかつダークな世界観で話題となったデヴィッド・フィンチャー監督のサスペンス・スリラー。退職を間近に控えたベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズは猟奇連続殺人事件の捜査にあたる。犯人はキリスト教における7つの大罪に基づいて殺人を繰り返していることが明らかに。やがてサマセットとミルズは容疑者を割り出すが、その人物に逃げられ、さらにミルズの素性が知られていたことも発覚する。そしてさらなる殺人事件が続いた後、驚愕の事態が…。

【スタッフ】
監督:デヴィッド・フィンチャー(関連作品:『エイリアン3』)
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:ハワード・ショア

【キャスト(キャラクター)】
ブラッド・ピット(デイヴィッド・ミルズ刑事)、モーガン・フリーマン(ウィリアム・サマセット刑事)、グウィネス・パルトロー(トレイシー・ミルズ)、R・リー・アーメイ(警部)、リチャード・ラウンドトゥリー(マーティン・タルボット検事)、リチャード・シフ(マーク・スワー弁護士)、ケヴィン・スペイシー(ジョン・ドゥ)、ダニエル・ザカパ(テイラー刑事)

【動画】
映画を見る】【動画を見る


▼動画リンク▼

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Gyao


▼作品をより深く知る▼

【雑学(トリビア)】
・象徴的な独自の映像は「銀残し」という現像の手法が使われている。

【感想・批評】

名無しさん(2010年11月18日) star_5
もうかなりの有名作。デヴィッド・フィンチャーの名声を高めた一作であり、サスペンス・ミステリーとしても歴史に残るレベルです。しかし、ストーリーばかりの注目が目立ちますが、実は役者の怪演がこの作品のクオリティを支えています。これが下手な役者だったら目もあてられない事態ですよ。活発なブラッド・ピットも良いですが、モーガン・フリーマンがとにかく良いです。思慮深く、若手に諭すような言葉は、自分が諭されているような感覚にさえなります。自分の感覚や価値基準に縛られず、若手から刺激を受ける様子に嬉しくもなります。
名無しさん(2010年12月19日) star_5
犯人のジョン・ドゥは映画史の記憶に残る悪役だと思いました。冒頭から目が離せなくなる釘付けの先の読めないストーリー展開、まさかの悲惨なエンディングは絶望感たっぷりでした。細部にも作り手側が凝っていて、オープニングとエンディングの逆エンドクレジットが新鮮でした。デヴィッド・フィンチャーはこの映画の印象が強すぎて、いろいろその後は大変だったと思いますが、彼の作品性を決定づけたのは間違いないでしょう。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。