フェンス

アカデミー賞で助演女優賞受賞作

原題:Fences
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年6月(DVDスルー)
上映時間:139分
製作会社:Bron Creative、Macro Media
配給:パラマウント・ピクチャーズ
製作費:2400万ドル
興行収入:3400万ドル

★【評価】
95% Rotten Tomatoes

第89回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。

★【あらすじ】
2010年にブロードウェイでリバイバル上演されたオーガスト・ウィルソンの芝居で、ピューリッツァー賞とトニー賞の演劇作品賞を獲得した「Fences」を映画化。1950年代のアメリカ・ピッツバーグ。トロイはゴミ収集車を乗り回す清掃員が仕事で、低収入ながらなんとか家族を養っていた。彼には、野球チームの選手だったが人種差別が酷かったために志半ばで辞めたという過去があった。そんな彼の息子がフットボールの選手になりたいと夢見るが、彼は自分と同じ経験を息子にさせたくないために猛反対する。

★【スタッフ】
監督:デンゼル・ワシントン(関連作品:『グレート・ディベーター 栄光の教室』)
脚本:オーガスト・ウィルソン
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
音楽:マーセロ・ザーボス

★【キャスト】
デンゼル・ワシントン、ヴァイオラ・デイヴィス、スティーブン・マッキンレー・ヘンダーソン、ジョバン・アデポ、ラッセル・ホーンズビー、ミケルティ・ウィリアムソン

【無料動画】

Fences Trailer 2 (2016) – Paramount Pictures

Fences Trailer 2 (2016) - Paramount Pictures


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年7月26日) 
これを劇場公開しない日本の配給会社は頭がオカシイのか。アカデミー賞を受賞しても、宣伝材料にはならないという判断なのかは知らないが、映画ファンも舐められたものだ。もし黒人を題材にした映画だから日本人には関心が低いというのなら、むしろだからこそ公開して関心を持たせるぐらいの気概がないと。アメリカの映画界はどんどん黒人映画の勢いが増しているのだから、付いていけなくなる。ブロックバスター大作ばかりあればいいというものではないだろう。
シアターさん(2017年7月28日) 
デンゼル・ワシントン監督、主演作。時代に取り残された父が家族に闇を発する、いつどの世界でもこういう父はいるんだなと痛感しました。それにしても物凄いトークしまくり映画でした。人物が2人以上フレームにいる時は、セリフがないカットが無いと言ってもいいほど、早口でまくし立てるような会話劇が連続します。それがデンゼル・ワシントン一人になった時の静けさと、申し訳ばかりのピアノや音色から染み出る一抹の寂しさが素晴らしい対比を生んで、ああ、監督は上手いなと実感です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)