トレインスポッティング

動画『トレインスポッティング』を無料視聴

麻薬で全てを狂わせていく男に一発逆転はあるか

原題:Trainspotting
製作:イギリス(1996年)
日本公開日:1996年11月30日
上映時間:93分
製作会社:Channel Four Films
配給:アスミック、パルコ
製作費:
興行収入:
次作:『T2 トレインスポッティング

★【評価】
90% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
ヘロイン中毒に陥った若者たちの生態を、斬新な映像感覚で生々しく描いたドラマ。マーク・レントンは平凡な生き方よりも、「誠実で真実あふれる麻薬の習慣」を選んだ麻薬常習者の青年。彼は何度目かの麻薬断ちを決めた。仲間のシック・ボーイも麻薬を止めるが、それはレントンに嫌がらせをするためだ。麻薬よりも健全な性欲を満たすべく、レントンたちはディスコに行く。そこで彼はダイアンという美女に魅かれて彼女の家でセックスする。

★【スタッフ】
監督:ダニー・ボイル(関連作品:『シャロウ・グレイブ』)
脚本:ジョン・ホッジ
撮影:ブライアン・テュファノ

★【キャスト】
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ケビン・マクキッド、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、ピーター・ミュラン、ジェームズ・コスモ、アイリーン・ニコラス、スーザン・ヴィルダー、ポーリーン・リンチ、シャーリー・ヘンダーソン、スチュアート・マッカリー

【動画】


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) star_5
ドラッグ、ロック、バイオレンス、セックス…イギリス底辺層の汚い部分を全て突っ込んだ作品なのに、なぜこんなにもクールに思えてしまうのか。退廃した青春に憧れる、ないものねだりな欲望か、はたまた人生に疲れているだけか。そんなことを思いながら彼らの人生崩壊史に付き合ってあげよう。こいつらの乗った列車はもう止まらない。各駅ですらない。ノンストップな暴走ドラッグ・トレインなのだから。間違っても飛び降りてはいけない。
OPENLOAD (2016年1月16日) star_5
UKドラッグ映画の代表作であり、超有名な一作。スタイリッシュな映像表現がUKロックと心地よく組み合わさって、ひとつのアートのようでもある。禁断症状や幻覚表現の数々もユニークで、あの汚物を爆発させたかのようなトイレが有名だが、他にも目を見張るシーンは多い。この作品自体、アーティスティックな方向に全力で傾いているので、幅広い客層にウケるものではないが、人生でもがいた経験のある人は他人事じゃないかもしれない。
DAILYMOTION (2017年9月6日) star_5
この映画を観たせいで、だいたいイギリスはこんな感じの国だと思うようになってしまったのは良い思い出。これはジャンキー謳歌映画だと顔を真っ赤にして怒っている人もいるが、これのどこがドラッグを推奨しているように見えるのか。この作品は「薬物はダメです」というありきたりなお説教などしない。描いているのは、薬物に依存してしまう若者たちはどうやったら救われるのかという話である。彼らに寄り添う姿勢を貶すなどそれこそ薬物推奨だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)