ザ・ケイヴ

動画『ザ・ケイヴ』を無料視聴

原題:WIthIN、THE CAVERN
製作:アメリカ(2005年)
日本公開日:2007年2月(DVDスルー)
上映時間:97分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
ホラー映画の新鋭として期待大のオラトゥンデ・オスサンミ監督による新感覚パニック・ホラー。中央アジアの砂漠キジルクム。好奇心満々の男女8人が目指すのは闇に閉ざされた未知の空間である巨大洞穴。ケーヴィング(洞窟探検)技術に熟練した彼らは数十メートルある縦穴を降り、横穴へと進入。しかし、ガイドの一人が何者かに惨殺されパニックに陥る。そして、出発地点へと戻るがそこに待ち受けていたのは、地上で待機していたブラッドの死と洞穴を覆う大きな岩だった。残り6人は横穴が地上に通じていると信じ暗黒の迷路を前進するが…。

★【スタッフ】
監督:オラトゥンデ・オスンサンミ
製作:イオアナ・ミラー、テリー・ロビンス、ジェラルド・A・ヴィタトー・Jr
脚本:オラトゥンデ・オスンサンミ
撮影:ヤス・タニダ
音楽:ブライアン・ガルヴェズ

★【キャスト】
シビル・テムチェン、オギー・ダーハム、ムスタファ・シャキール、アンドリュー・ケイプル=ショウ、ダニー・A・ジェイコブス、ドリュー・サエンズ=ハドソン

【無料動画】

The Cavern – trailer

The Cavern - trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) 
一様に前提のあるトラウマが何とも目障りだが気にする必要はない。モンスターものか殺人鬼ものかがこの作品の評価が分かれるところ。お決まりの謎解きだが素人っぽいぶれるカメラは逆に魅せる。惨殺シーンもなかなか見所がある。これはケイビング自体こそあまりディセントより突出したものはないけど、襲ってくるものの正体と結末がヤバい。閉鎖された空間からくる焦燥感の加速具合は良かった。洞窟内という設定上明かりはほぼライトオンリーでかなり眩しい映画。最悪なラストで記憶にこびりついている洞窟系ホラー。B級には違いないが地下の閉塞感はピカイチだった。
名無しさん(2010年1月18日) 
まず、オープニングのフラッシュ目潰しに耐えた者だけが本編に突入することが出来る。次に、ばかみたいに笑いながら車に乗ったり記念写真撮るか撮らないかで揉めたり比較的どうでも良い会話で焚き火の周りをぐるぐる回ってる間に20分も立つ贅沢な尺の割き方に「早く洞窟入れや!!」と憎しみを覚えない平和的な人間のみが洞窟突入以降の盛り上がりを楽しむことが出来る。最高の映画ですね(死んだ顔)。他のZ級映画と比較してまだマシなのは、暗くてあまりに映っているところが少ないため映像のチープさがごまかされているという点にあるだろう。これが他の低予算映画制作においても方法論というか考え方はうまくやれば活かすことが出来て、ヘタに作って安っぽくなるなら隠すか消すか別のものに置き換えるかすればいいのである。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)