涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

恩に報いて、修羅となる

1970年代の韓国貧民街でのささやかな[親切]が、25年後の日本で新たな純愛ドラマを紡ぎだし、やがて運命の糸に操られるように、哀しい結末へと導かれていく。幼い頃、韓国の貧民街で生まれ育ったシングァンは病床の父を抱え、食事すらままならない生活を送っていた。そんな中、ただ1人やさしくしてくれたユンジャおばさん。父の死後、母親を探して渡った日本で、シングァンは田内慎二と名乗り闇社会の住人となっていた。金と力を手に入れたシングァンは、癌に冒され死を待つユンジャおばさんの為、生き別れた娘・ミンジュを探し出すのだが…。

原題:涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙 / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2007年9月22日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:辻裕之
脚本:大学中庸、白土勉
撮影:満井担彦
音楽:遠藤浩二

★【キャスト】
大沢樹生、相田翔子、小林正寛、金嬉老、西興一朗、井田國彦、児島美ゆき、新井康弘、倉石功

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月20日) 
冒頭のシーンで、てっきり韓国映画だと思っていたら、邦画だった。大人になった大沢樹生は日本でヤクザにのし上がる。優しくしてくたオバちゃんはガンで死んでしまうワケですが…オバさんの遺言が「娘を頼む」でした。必死に探し当てた娘・相田翔子は日本で金使いの荒いキャバ嬢となってました。オバちゃんに深い恩義を感じてる大沢樹生は相田翔子に仕事をやめさせ、不自由ないようにとにかく金を与えまくる。不可解なほどに金を与えまくる。気になる一言は、何度か登場する韓国語。「シクサハセヨ」。日本語では「ご飯食べなさいよ」と訳されていた。調べてみると「食事をとってくださいね」ともう少し優しい意味らしい。元Wink・相田翔子さんの韓国語の上手さと、何度も口にする「私としたい?」も妙に可笑しかった。