ミスト

衝撃の結末!スティーヴン・キング「霧」を映画化

原題:The Mist(Stephen King’s The Mist)
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2008年5月10日
上映時間:125分
製作会社:Dimension Films
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作費:1800万ドル
興行収入:5700万ドル

★【評価】
73% Rotten Tomatoes

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』でスティーブン・キングの世界を見事に映画化したフランク・ダラボン監督が、映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ意欲作。激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめる。パニックに陥った住民は対抗策を考えようとするが…。

★【スタッフ】
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン
撮影:ローン・シュミット
音楽:マーク・アイシャム

★【キャスト】
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

名無しさん(2016年1月2日) 
ジャンルとしてはモンスターパニックだが、肝心の異形の生物はほとんど登場せず、その主な視点は窮地に追い込まれた人間社会の脆さと恐ろしさを描いている。簡単に表すなら「モンスターより人間の方が何百倍も怖い」という映画。大衆心理を巧みに描いた作品としては非常に秀逸で、いかに人間という生き物が狂気に屈して己の目先の利益だけに腐心し、荒廃していくかが嫌になるほど示されている。それだけでも嫌悪感が濃厚であるにも関わらず、最後のラストで観客を最悪の闇に突き落とす。最低の傑作だ。
シアターさん(2016年6月7日) 
どうしよう、ラストまで見てしまい、何にも手が付けられなくなってしまった。これは見るタイミングを慎重に吟味しないとダメなやつですね。下手をしたら精神的に不安定になりかねない。これから見ようという人は何か自分のテンションをあげられるものを事前に用意しておいて映画を観終わったあとにそれで気分回復できるようにしておくべきです。それにしてもあの最後はないよ。あれを考えた人は人間の皮をかぶった悪魔か、ただの鬼畜です。思いついても実行はしないですよ。最悪の映画を観る覚悟をもってください。

★【おすすめの関連作】
セル
キャリー(2013)