ゴッドファーザー(1作目)

動画『ゴッドファーザー』を無料視聴

映画史上最高の作品に選ばれた究極の一作

原題:The Godfather
製作:アメリカ(1972年)
日本公開日:1972年7月15日
上映時間:175分
製作会社:Alfran Productions
配給:パラマウント映画
製作費:
興行収入:
次作:『ゴッドファーザー PARTII

★【評価】
99% Rotten Tomatoes

第45回アカデミー賞で作品賞、男優賞、脚色賞を受賞。

★【あらすじ】
アメリカのマフィアの内幕を描いたマリオ・プーゾのベストセラー小説を、当時32歳のフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した壮大なファミリードラマ。イタリア・シシリー島からアメリカに移住し、巨万の富を築き上げたビトー・コルレオーネ一族の跡目相続や、世代交代を謀る周囲のマフィアとの間に起こる抗争が重厚なタッチで綴られる。

★【スタッフ】
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:フランシス・フォード・コッポラ、マリオ・プーゾ
撮影:ゴードン・ウィリス
音楽:ニーノ・ロータ

★【キャスト】
マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ダイアン・キートン、ジョン・カザール、ロバート・デュバル、リチャード・カステラーノ、タリア・シャイア、スターリング・ヘイドン、ジョン・マーリー、リチャード・コンテ、アル・レッティエリ、フランコ・チッティ、エイブ・ヴィゴダ、ジャンニ・ルッソ、ルディ・ボンド

【動画】


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
FMovies


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) star_5
マフィア映画の真骨頂にして原点、そして究極系。この作品を意識した闇社会映画は無数に作られたが、これを超えるものは未だに登場していないと思う。馬のシーン、シチリアでの爆発、乱射などインパクトの強いシーンばかりを語ることもできるが、一番の凄さはこの家族の実在感だ。そのファミリー史は普通の一般家庭と何ら変わりないように思える。しかし、そこには明らかに異質なルールがまかり通っている。それこそが闇を見せる瞬間なのだ。
OPENLOAD (2016年1月17日) star_5
何度見ても不思議なくらいの大きな感銘を受ける。「感動」という一言で言い表すには物足りないし、ふさわしくない気がする。深い深い思いが心にじんわりと染み込んでいく。それは複雑な感情が混ざったものである。マフィアという自分とは今もこれからもおそらく関わることがないと断言できる存在なのに、なぜこうも心を動かされるのか。きっとそれは彼らを普通に家族ドラマのようにフィルターを重ねて見ているからなのかもしれない。
DAILYMOTION (2016年1月19日) star_5
この偉大な作品の名前は知っていたし、良い作品なのはじゅうぶん世間の反応で察してはいたのに、なぜか手を付けようとはしませんでいた。そういう人は自分以外にも多いのじゃないでしょうか。作品自体の長さというよりは、重さが視聴者を遠ざける、そんな感じです。そして、いざ鑑賞しているとこれは良作なんてレベルじゃない、歴史に名を刻むのも当然な神作だと思ってしまうのでした。「ゴッドファーザー」とはよく言ったものです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)