ミルカ

動画『ミルカ』を無料視聴

インド映画史上空前の高評価

原題:Bhaag Milkha Bhaag
製作:インド(2013年)
日本公開日:2015年1月30日
上映時間:153分
製作会社:
配給:日活、東宝東和
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
実在のインド人オリンピック陸上選手ミルカ・シンの壮絶な半生を描き、インドのアカデミー賞と言われる国際インド映画アカデミー賞で作品賞や監督賞、主演男優賞など計14部門を総なめにした作品。1960年のローマ・オリンピック。400メートル走のインド代表選手ミルカは、ゴール直前で後ろを振りかえるという前代未聞のミスを犯して4位となり、メダルを期待していた国民から猛烈ン批判を受ける。帰国後、ミルカはパキスタンで開催されるスポーツ大会のインド団長に指名されるが、断固として拒否したため、首相の命令で首相秘書とミルカのコーチが説得しに行くことに。ミルカが暮らす町へと向かう電車の中で、コーチは首相秘書にミルカがパキスタンへ行きたがらない理由を話しはじめる。

★【スタッフ】
監督:ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ
脚本:プラスーン・ジョーシ
撮影:ビノード・プラダーン
音楽:シャンカル=イフサーン=ロイ

★【キャスト】
ファルハーン・アクタル、ソナム・カプール、ディビヤ・ダッタ、アート・マリック、ジャプテージ・シン、パワン・マルホトラ、プラカーシュ・ラージ、ヨグラージ・シン

【無料動画】

映画『ミルカ』予告編

映画『ミルカ』予告編

(C)2013 Viacom18 Media Pvt. Ltd & Rakeysh Omprakash Mehra Pictures


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) 
インド映画にしては短めの2時間半。しかし、内容は濃密でまさに感情が爆発してきます。アジアン映画祭で上映予定さったことがあり、そのときのタイトルは「走れ、ミルカ、走れ」だったような…。まさに走り抜けるように一人の人生を駆け巡るのでした。日本、イギリス、パリ、オハイオ、ナイロビ、オスロとどんどん大会実績を重ねていき、インド代表としてミュンヘンオリンピックへ進んでいく。その過程で観客もすっかり感情移入しているのです。
OPENLOAD (2016年1月17日) 
インドってあんまりオリンピックでも目立たない印象だったのですが、やはりスポーツはどこの国でもアツい! この映画ではただのスポコンではなく、歴史ものとしても楽しめるようにできています。冒頭のレースシーンから子どもの頃の印パ分離独立の時代にバッと跳ぶ斬新な映像からグッと一気に掴まれ、インドの歴史に詳しくなっていくかも。過酷な状況を力強く生き延びて、軍人になってからその走りに全てをぶつけていく、インドを背負っています。
SPACEMOV (2016年1月18日) 
歴史解説は少し必要かな。イギリス植民地時代が終焉を告げ、インド・パキスタン分離独立運動でヒンドゥー教とイスラム教に分かれてしまったインドの国民。主人公はさらに少数のシーク教徒でパキスタンとインドの国境近くに住むゆえに、複雑な立場に。そんな社会派要素も兼ね備えながら、恋あり、挫折あり、いじめあり、成長あり、歌とダンスもちろんあり!とインド映画らしさがたっぷり詰まっていて、日本人も普通に大満足できるでしょう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)