デッドハング

働く女性に逃げ場はない

原題:Free Fall
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年1月10日
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

深夜の高層ビルを舞台に、殺し屋に狙われた女性の戦いを描いたサスペンススリラー。大手証券会社に勤務するジェーンは、社長のゴールトが巨額の不正に手を染めている証拠を発見し、内部調査官のフランクに報告する。しかし実はフランクはゴールトに雇われた殺し屋で、口封じのためジェーンを深夜のオフィスビルに閉じ込めて殺害しようとする。逃げ場を失ったジェーンは、命がけの反撃に出るが…。

★【スタッフ】
監督:マレク・アッカド
脚本:ドウェイン・アレクサンダー・スミス
撮影:ジョナサン・ホール
音楽:ティム・アンドリュー・エドワース

★【キャスト】
サラ・バトラー、D・B・スウィーニー、マルコム・マクダウェル、イアン・ゴメス、アダム・トメイ

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月2日) 
社長不正の口封じの為に命を狙われるキャリアウーマンという、なんだそれはな設定のアクションスリラーです。超高層ビルのエレベーターが舞台になっており、シチュエーション要素はそれなりに揃ってます。冒頭で鍛えてるヒロインだったのでもっとバトル激しくして欲しかったという気持ちはあるが、いかんせんエレベーターなのでやることに限りがあるので仕方なしか。エレベーターが止まったというのに警備会社に緊急連絡が行かないとか変だけど。
映画フリー (2016年1月5日) 
邦題も変だが、原題も変なので、お互い様です。ジェーン役のセーラ・バトラーのアクションは見応えがあるものの、殺し屋役のD・B・スウィーニーが三流っぽいのはどうにかならないのかと思う。会社の陰謀を暴いた女会社員が殺し屋と猛烈な戦いをする映画で、色々な展開が用意されてあり、B級感をあまり出さずなかなか楽しめるので、普通な期待値であれば満足できるのでは。やっぱりメインの魅力はヒロインですね。そこは注目してください。
OPENLOAD (2016年1月13日) 
見どころは おねーさんのビシっとシェイプされたプロポーションと その美脚でボコボコにされてありがとうございます! 低予算作品なので、楽しみ方はこんなレベルでいいのです。突っ込みどころは犯人絶対逃げられないだろう位証拠残している点。この殺し屋のアホさはもうどうしようもないレベル。ビルの前に平気で車つけたり、警備員に怪しまれること平然と口走ったり、指紋は気にせずべたべたつけるし、何がしたかったのだろうかね。
海外コメント (2016年5月18日) 
フリー・フォールは、家庭用のビデオ・フィルムへの低予算で、決して何もすることはありません。物語はそこにありますが、あなたは基本的にそれが早い段階で起こっているかを知ることができます。これは通常、これらのタイプの映画にとっては悪いことではありませんが、エキサイティングなことは何も起こりません。彼女がエレベーターで立ち往生すると、映画もまたちょっと立ち往生します。逃げ場がないのはこの映画自身です。