ハゲタカ

動画『ハゲタカ』を無料視聴

原題:ハゲタカ
製作:日本(2009年)
日本公開日:2009年6月6日
上映時間:134分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Hagetaka: The Movie
(2009) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶望し、海外にその活躍の場を広げていた。ある日、鷲津のもとを盟友の芝野が訪れ、中国系ファンドによる日本の大手自動車メーカー買収を阻止してほしいと依頼する。

【スタッフ】
監督:大友啓史
脚本:林宏司
撮影:清久素延
音楽:佐藤直紀

【キャスト】
大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) star_5
金まみれ故に観る人を選ぶ映画。少々誇張してる部分はありますが金融や経済の裏側を良く表現してると思います。NHKドラマでも面白かったのですが、映画となると、段違いに演出が凝っていて「映画って凄いんだな」と感じさせられました。日本を代表する大会社・アカマ自動車が、中国による買収の危機にさらされます。それを、ドラマでは敵対していた鷲津と柴野、さらに西野、飯塚もタッグを組み対抗していきます。この映画ならではの展開がしびれます。
名無しさん(2010年1月19日) star_5
今、現実で起きている、経済の出来事をベースに、経済サスペンス、心理戦、頭脳戦だけでなく、ハゲタカが居る経済界の非情さと、人間ドラマをしっかりと描いていることに好感触。心理戦、頭脳戦の面白さは、観る者を惹きつけ、派遣社員の問題、サブプライムローン、チャイナマネーと言った、今を描き、そして、根底として、資本主義という冷酷な世界を描いている。そもそも、資本主義の世界は、儲けてナンボの世界。更に、今の時代は、短期間で、利益を儲けて、ナンボの世界。この世界には、情けは存在しない世界。情は命取り。非情に徹しないと、勝てない世界。最後まで、非情な世界を見せつけ、今の時代の闇を見せている。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。