犬神家の一族(2006)

あの事件が再び映画に帰ってきた

76年に角川映画の第1作として公開され大ヒットを記録した同タイトルを、市川崑監督&石坂浩二主演という当時のコンビのままで30年ぶりにリメイク。昭和22年、信州諏訪・犬神財閥の当主佐兵衛が逝去。犬神家の顧問弁護士である若林はその遺言書を巡って家族内で問題が起きることを予期し、東京から探偵の金田一耕助を諏訪へ呼び寄せる。だが、金田一が諏訪に着いた日に若林が殺害される。

原題:犬神家の一族 / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年12月16日 / 上映時間:136分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:市川崑
脚本:市川崑、日高真也、長田紀生
音楽:谷川賢作

★【キャスト】
石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、螢雪次朗

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月4日) 
お祭り映画としては上々の出来です。何といっても初回作品を忠実になぞらえたとこは、なかなか興味ある所です。中途半端な現代劇にせず、大幅な脚本の変更もせず、初回作品を観た者にとっては安心出来る作品に仕上がっています。石坂浩二を始め、三条美紀、草笛光子、大滝修治、加藤武ら少し役所を替えて出ているのも面白いです。この辺の大御所は30年前とあまり変わっていないので、役者として、自分の身体を大切にする根性が感じられます。
名無しさん(2010年1月24日) 
思い起こせば「犬神家の一族」は角川映画の第一作であり加えてそのヒットが角川映画の基礎を築いた、“中興の祖”に当る作品を、記念碑としてリメイクするのも納得できます。今回のリメイク版、第1作とはまさに真逆の演出である。1作目は、力をこめて、気を抜いたリアルな演出。今回は力を抜いて気をこめた様式美的な演出に見えた。荒々しい力に満ちた先回、研ぎ澄まされた美意識に包まれた今回。金田一と事件の距離感も1作目とはかなり違う。1作目は事件の只中を駆け抜けるのに対し、今回はあたかも事件そのものを温かく見守っていくちょっとした距離感がある。