ジェネラル・ルージュの凱旋

動画『ジェネラル・ルージュの凱旋』を無料視聴

原題:ジェネラル・ルージュの凱旋
製作:日本(2009年)
日本公開日:2009年3月7日
上映時間:123分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの匿名の告発文書を受け取る。院長の依頼を受け、疑惑の真相を巡る調査に乗り出す田口だったが…。

【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:斉藤ひろし、中村義洋
撮影:佐々木原保志
音楽:佐藤直紀

【キャスト】
竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) star_5
小説を読んだ直後だったので、配役と堺雅人さんの演技力に脱帽しました。医療の現場がかっこよすぎて、途中から涙が止まりませんでした。さすがに医師が書いた内容。日本の救命救急センターは他の診療科から敬遠され立場が弱い。外科や内科の医師が救命の医師に非協力的なことやベットの回し方、コスト面などよく見聞きする。そんな部分を上手く織りまぜて表現されえいたと思う。やっぱり、映画版のジェネラルルージュの方が緊迫感があり、役者さんの演技力がバラツキがなく面白い。
視聴済みさん(2010年1月19日) star_5
序盤は救急医療の現場感の伝わるバタバタとした印象でストーリーは進行していきます。堺雅人、このころからもう抜群の演技力ですね。そして阿部寛の漕いキャラが登場してからは、ぐんぐん映画のリズムが生まれてきます。押しの強い阿部寛と竹内結子のへなちょこキャラが、十分にミックスされて面白かったです。そして、救急医療というテーマの現代性と劇的なストーリー展開。この原作では、「ナイチンゲールの沈黙」という作品もあるようですが、映画化2弾目にこの「ジェネラル・ルージュの凱旋」を選んだのは正解。非常に見ごたえがる一作でした。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。