黒執事 Book of the Atlantic

映画でも仕事は変わりません

枢やなの漫画を原作に、これまでにもテレビアニメやOVA、実写映画が製作されてきた人気作品「黒執事」の劇場版アニメ。19世紀の英国を舞台に、名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスが13歳の主人シエル・ファントムレイヴとともに、「英国の番犬」として英国女王から裏社会の汚れ仕事を請け負い、難事件に挑むダークファンタジーで、原作でも人気の高いエピソード「豪華客船編」を映画化。ある日、世間でまことしやかにささやかれる「死者蘇生」の噂を耳にしたシエルとセバスチャンは、調査のために豪華客船カンパニア号に乗り込むのだが…。

原題:黒執事 Book of the Atlantic / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年1月21日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:アニプレックス

★【スタッフ】
監督:阿部記之
脚本:吉野弘幸
キャラクターデザイン:芝美奈子
音楽:光田康典

★【キャスト】
小野大輔、坂本真綾、田村ゆかり、諏訪部順一、福山潤

【無料動画】

劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」第二弾PV | 2017年1月21日(土)全国ロードショー

劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」第二弾PV | 2017年1月21日(土)全国ロードショー

(C)Yana Toboso/SQUARE ENIX, Project Atlantic


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年2月10日) 
今回はとにかくテンポが良い!アクションも素晴らしい!全てにおいて前作をはるかに上回る出来となっていました。作画も安定していて、オールスター感あふれるキャラクター達がこれでもかと登場します。物語もシリアス一辺倒でなく、ホッとさせるようなギャグも織り交ぜておりメリハリが効いてます。随所に見所があるのですが、特にシエルとセバスのエピソードはとても丁寧に描かれていたと思います。それぞれのキャラクターにスポットも当たっており、観ていて本当にわくわくしました。今回は原作ファンも納得の出来ではないでしょうか?死神の戦いが迫力あった。悪魔と死神、死神と死神の戦いが多くあって良かった。アンダーテイカーとエリザベスの意外性はさすが黒執事といったところ。
名無しさん(2017年2月26日) 
原作は読んでなくて、アニメも見たことなかったから、予備知識ゼロで見ました。初っ端から絵が綺麗で引き込まれました。登場人物がみんな強い信念を持っていて、善悪関係なく、自分が信じる方向に迷いなく行動していて、見習わなきゃなぁなんて思ってしまいました。個人的には、リジーがすごく魅力的に思えました。相変わらずセバスチャンはかっこよくてエロかったしシエルは可愛くてかっこよかったし、最高でした。あとセバスチャンの「イエス、マイロード」が何回も聞けたのがたまらないですね。原作を劇場版にするための工夫と愛が詰まっていて感動。キャラクターが生き生きしていて、涙がとまらない。